山田裕貴の韓国のハーフ?父親と母親?山田 和利?母親?家族構成?若い頃!両親

山田裕貴の韓国のハーフ?父親と母親?山田 和利?母親?家族構成?若い頃!両親
  • URLをコピーしました!

田 裕貴(やまだ ゆうき、1990年〈平成2年〉9月18日- )は、日本の俳優です。愛知県名古屋市出身。ワタナベエンターテインメント所属です。

俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーです。

俳優の山田裕貴さんは、2011年(21歳)に放送された『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー役で俳優デビューです。

アネックス

山田裕貴さんのお父様はどの球団で活躍していたのか気になりますよね。また、山田裕貴さんの妹はなんとモデルとして活躍していたことが判明しました。山田裕貴の韓国のハーフ?父親と母親?山田 和利?母親?家族構成?若い頃!両親についてお伝えします。

 2017年には12本の映画に出演し様々な役をこなしたことで『カメレオン俳優』と呼ばれるようになりました。

引用元:Twitter

本名 山田裕貴
生年月日 1990年9月18日(31歳)
出身地 日本の旗 日本・愛知県名古屋市
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
活動期間 2010年 –
著名な家族 山田和利(父)

目次

山田裕貴の韓国のハーフ?家族構成?

山田裕貴の家族の構成は?父は山田和利?母は?ハーフなの?情熱大陸
引用元:Twitter

出生地は愛知県名古屋市で、両親ともに日本人です。なんでこのような噂がでたのでしょうか。また家族についてもおつたえしようかと思います。

山田裕貴は韓国ハーフ

1つ目は顔立ちが韓国っぽいという意見が少なからずあります。そして2つ目、2013年12月20日投稿の自身のブログに綴った内容が以下です。

下記の3つが原因かといわれています。

  • 顔立ちが韓国っぽい
  • 自身のブログに綴った内容
  • 韓国好きであること
山田裕貴が韓国好きであること

昨日はBIGBANGのLIVEにお邪魔させていただきました~

BIGBANGの思い出はありすぎて自分がまだ高校生だったころBIGBANGが韓国でデビューしたときからずっと好きだったのでBIGBANGに対してはベテランです(笑)

カラオケとかでもよく歌うので(韓国語で)生であの曲や、この曲聴けたり最高でした

アネックス

それでは家族の構成でハーフかみてみましょうか。

山田裕貴の家族の構成は?

父親:山田和利さん(56歳)
母親:山田??さん
ご本人:山田裕貴さん(31歳)
妹:山田麻生さん(28歳)

山田裕貴の父は山田和利!若い頃

山田裕貴の家族の構成は?父は山田和利?母は?ハーフなの?情熱大陸
引用元:Twitter
山田和利(やまだ かずとし)のプロフィール

名前:山田和利(やまだ かずとし)
生年月日: 1965年6月3日
年齢:56歳(2022年3月現在)
出身地:愛知県名古屋市中村区
身長:178cm
体重:82kg

父はプロ野球・広島東洋カープ二軍内野守備走塁コーチの山田和利です

がプロ野球選手だったら、絶対友達に自慢しちゃいますよね!山田裕貴さんのお父様は、なんと1試合に3本のホームランを打つほど、とてもパワーのある選手だったようです。

自身は小・中学校まで野球をやっていたが、「プロ野球選手にはなれない」と思い、高校でやめたとのことでした。

アネックス

その影響を受けたと話している動画です。父親がかっこいいなとおもったようですね。。また野球をやめようと思ったきっかけもです。

その影響を受けたと話している動画です。父親がかっこいいなとおもったようですね。

右投げ左打ち。最速142km/h。2018年8月10日にナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ戦の始球式では、父がドラゴンズ現役時代に着けていた背番号30のユニフォームを着て登板しました。

山田裕貴の母は?

山田裕貴の母は後ろ姿だけではありますがテレビ出演もしています。

山田裕貴さんが家族の話をする際、父親の話が多く、あまり母親の話をされない印象なのですが、唯一、ご本人のTwitterで、度々母親が登場します。

おかん、 ジェームス・フジオカじゃなくて ディーン・フジオカさんです

おかんがいっちょ前に村山スタンプ使ってきた

母からの連絡 母強し 「#特捜9、本当にお疲れ様でした。 #なつぞら、特捜9を観て、お母さんは泣いていますお母さんのお友達も、熱演に泣けましたと連絡をくれました。」 母よ、雪次郎の字が違うぞ 明日に続けよ!

母親は、なんとなくちょっと天然なのではないでしょうか

最近では、こんな家族そして母親への思いをTwitterで綴っていました

多くを語る家族ではないそうですが、芸能活動をするために上京する日、すごく寂しそうな顔をしている妹と母親が家の前で見送ってくれ、最後に車で名古屋駅まで送ってくれ父親が、めったに言わないけど、母『頑張れよ』って送り出してくれたそうです。


新幹線に乗ったあと、隣に座っていた知らない赤ちゃんよりも泣いていたそうです。

上京して13年という時間は 景色も、人も、心も、考え方も 変わってないようで、変わっていて 変わったようで、変わってなくて 始まりを思い出すと 想いが溢れすぎて 前に進めとがむしゃらに走る自分が初めて 時が経つということに、儚さを感じました 見えなくなるまで 手を振る母にそう感じました

まとめ

イケメン俳優として活躍し、実力派俳優として成長された山田裕貴さん。
父親の七光りなんてもう言われることはありませんね。妹も挫折の時にはたすけてくれますからね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次