【最強最速化ツール】WPRocketRocketの使い方や設定方法!クーポン!SWELLやCacoonにも対応!キャッシュ系プラグイン

WProcket
  • URLをコピーしました!

この記事ではWordPressブログを高速化する最強のプラグイン『WP Rocket』の設定方法や使い方
、クーポンも解説します。

WP Rocketを使用することで、CSS・Javascript・HTMLなどを圧縮・軽量化。それによりサイトスピ
ード、すなわちCore Web Vitals(コアウェブバイタル)を劇的に改善することが可能になります。Wordpressのツールです。

キャッシュ系プラグインで取り上げられているWP Rocket。
ぜひ、この記事を読みながらあなたのサイトでもWP Rocketを実装してみて下さい。WordPress のマネージドホスティングサービスを提供するトップ企業に唯一認められているキャッシュプラグインです。WP Rocketは、WordPressサイトを高速化するために必要なすべてのツールを1つのユーザーフレンドリーなパッケージで提供することにより、WordPressのパフォーマンスの最適化を大幅に簡素化することを目的としたプレミアムWordPressプラグインです。

Cacoonのサイトですが劇的に早くなりました。Lighthouseの結果です。測定サイトはプロ野球とエンターテイメント(yoshilover’s blog)で画像も多いです。模範となりますね。

目次

WPRocketRocket(ロケット)とは?最強高速キャッシュ系プラグイン

WP Rocketとは、CSS・Javascript・HTMLなどを圧縮・軽量化、キャッシュ機能を用いることでサイ
トスピードを高速化することができる有料プラグインとなります。

無料プランのない有料プラグインのため、WordPressのプラグインディレクトリに登録されておらず、プラグイン検索をしても表示されません。

キャッシュ系プラグインは?

プラグインはすべて無料ですが、WP Rocektは有料です。しかも、WP Rocketは日本語対応していないためすべて英語表記のみなのです。

  • W3 Total Cache
  • WP Fastest Cache
  • P Super Cache

プラグインディレクトリにも表示されない、日本語対応していないという理由でWP Rocketを知らない
という人も多く、ネット検索でも見かける機会が少ないでしょう。

たったそれだけの理由でWP Rocketを使用しないのは非常にもったいない。

最強キャッシュ系プラグインです。有料なだけあります。時間を無駄にしたくない人にはお勧めです。後程プランもご紹介します。

WP Rocket(ロケット)使い方や設定方法!Cocoonの場合!SWELLは?

SWELLは高速化テーマが売りのためWPRocketを利用すると高速化できませんでした。同じキャッシュ系ですからね。どこか外せばかなり高速化します。検証が終わったらお伝えしますね。

ダッシュボード

WProcket使い方や設定方法

プラグインをアクティブ化するとすぐに、最も重要なパフォーマンス構成のいくつかが自動的に有効になります。

  したがって、構成がなくても、プラグインをアクティブ化するだけで、読み込みが高速なWordPressサイトになります。

  • ページキャッシュ
  • ブラウザのキャッシュ
  • GZIP圧縮
  • Webフォントのクロスオリジンサポート

キャッシュ設定

WP Rocketキャッシュ方法

ユーザーエクスペリエンス、SEO、コンバージョン率にとってページ速度がいかに重要であるかを知っているので、WordPressサイトの読み込みを速くする必要があります。

ただし、WordPressのパフォーマンスの技術的な側面に入るのは難しい場合があり、ほとんどの人が土曜日の午後を過ごすことを夢見ている方法ではないでしょう。

WP Rocketは、WordPressサイトを高速化するために必要なすべてのツールを1つのユーザーフレンドリーなパッケージで提供することにより、WordPressのパフォーマンスの最適化を大幅に簡素化することを目的としたプレミアムWordPressプラグインです。

私のテストでは、サイトの読み込み時間が41%短縮されましたが、おそらく同じことができます。

WP Rocketのレビューを読み続けて、パフォーマンスデータを確認し、WPRocketがどのように機能するかを実際に見てください。

モバイル訪問者に対してキャッシュ有効

 有効にする場合は、モバイル訪問者に対して別のキャッシュを使用するかどうかを選択できます。

  これは、独自のモバイルエクスペリエンスを提供し、モバイル訪問者が自分に固有のバージョンを確実に入手できるようにする場合に役立ちます。

ログインしたWordPressユーザーのキャッシュ有効にする

 メンバーシップサイトのように公開登録を許可する場合、これはそれらの訪問者のためにサイトをスピードアップするための優れた方法です。 デフォルトでは、WP Rocketはログインしたユーザーをキャッシュから除外します。

 これにより、キャッシュされていないバージョンのサイトが常に表示されます。

キャッシュの有効期間を構成

サイトがキャッシュをクリアする前にページをキャッシュする時間です。 コンテンツが変更されない/ほとんど変更されない場合は、キャッシュを永続的に保存できます。 または、コンテンツが定期的に変更されている場合は、X分、時間、または日ごとにキャッシュを削除できます。

最適化

[ファイルの最適化]タブは、サイトのHTML、CSS、およびJavaScriptファイルの3つの主要なパフォーマンス調整を実装するのに役立ちます。

最適化
最適化
  • 縮小化–コードファイルの無駄なスペースを排除して、機能を変更せずにコードファイルを縮小します。 たとえば、空白やコードコメントを削除します。
  • –複数のファイルを1つのファイルに結合して、サイトで必要なHTTPリクエストの数を減らします。
  • 最適化された読み込み– CSS配信を最適化し、遅延JavaScript読み込みを実装することで、Google PageSpeedInsightsの「レンダリングブロッキングXの排除」の問題を回避できます。

Google Fontsファイルを組み合わせたり、静的リソースからクエリ文字列を削除したりするなど、他のいくつかの最適化を実行することもできます。

ユーザーエクスペリエンス、SEO、コンバージョン率にとってページ速度がいかに重要であるかを知っているので、WordPressサイトの読み込みを速くする必要があります。

ただし、WordPressのパフォーマンスの技術的な側面に入るのは難しい場合があり、ほとんどの人が土曜日の午後を過ごすことを夢見ている方法ではないでしょう。

私のテストでは、サイトの読み込み時間が41%短縮されましたが、おそらく同じことができます。

WP Rocketのレビューを読み続けて、パフォーマンスデータを確認し、WPRocketがどのように機能するかを実際に見てください。

メディア最適化

[メディアの最適化]タブは、遅延読み込みを実装することで、サイトの画像、動画、iframeの埋め込みを最適化するのに役立ちます。

遅延読み込みを有効にすると、訪問者がページを下にスクロールし始めるまで、サイトは「スクロールせずに見える範囲」にあるコンテンツの読み込みを待機します。 サーバーが最初にページをロードするときにロードする必要のあるコンテンツが少ないため、これにより、サイトで認識されるページのロード時間が短縮される可能性があります。

さらに、多数のYouTubeビデオを埋め込む場合、WP Rocketには、YouTubeの埋め込みを静的なサムネイル画像に置き換えることができるこの優れた機能があります。 次に、訪問者が静止画像をクリックすると、実際の埋め込みが読み込まれます。

メディアの最適化

WP Rocketは、絵文字やWordPressの埋め込みを無効にするのにも役立ちます。

キャッシュのプリロード!サイトマップも

[プリロード]タブで構成できるキャッシュプリロードは少し高度なトピックですが、サイトのキャッシュを最適化するのに役立ちます。

ほとんどのキャッシュプラグインでは、コンテンツは誰かがアクセスしたときにのみキャッシュに読み込まれます。

したがって、キャッシュが空になった後の最初の訪問者は、実際にはキャッシュされたバージョンのページを取得していません。つまり、ページの読み込み時間が遅くなる可能性があります。

サイトマップベースのプリロードを有効にすることもできます。これにより、設定を変更したり、キャッシュの有効期間が終了したりするたびに、XMLサイトマップのコンテンツを自動的にプリロードできます。

データベース最適化

WordPressサイトのデータベースには、すべてのコンテンツと設定が保存されています。

サーバーが必要なときにすべての情報にすばやくアクセスできるように、できるだけクリーンで整理された状態にする必要があります。

[データベース]タブは、データベースから「ガンク」を削除することで、それを実現するのに役立ちます。 「ガンク」とは、ゴミ箱に入れられた投稿、スパムコメントなどを意味します。

WP Rocketのプラグインの料金と購入方法!割引クーポンは?

WP Rocketのプラグインの料金と購入方法

公式サイトからクレジットまたはPayPalで購入できます。

「WP Rocket」は下記の公式サイトから購入できます。通常価格は$49(¥5,720です)

ライセンスの有効期限は?

プラグインは1年分です。
自動更新で次は$34.30(¥4,010)程度で次の1年を更新できます。

2年分のライセンスを更新すると半年間無料がついてきて、$68.6(¥8,020)で2年半分のライセンスになります。

ライセンスを更新しなくても使える?

WP Rocketを初めて購入すると、1年間のアップデートとサポートが含まれています。

それ以降は更新しなくてもプラグインの機能は維持されます。

割引クーポンの入手方法は?

年末のブラックフライデーで35%OFFになるので、もし導入するならそのタイミングがベストです。他にも夏やハロウィンも配るときがあるそうなので、メール登録しておくと良いです。同会社の「Imagify」という画像プラグインをいれると20%引きになります。

返金方法は?

14日以内であれば返金可能です。お問合せで返金リクエストを送信しましょう

まとめ

Cocoonはフリーソフトですがプラグインのツールの強さを知りました。惜しみなく買いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる