拡張子webpとは?メリットとデメリットを解説!見れないが対応ブラウザは!

Webpとは
  • URLをコピーしました!
WeBとは
WeBとは

多くの画像を使用するWebサイトは表示に時間がかかることがあります。SEO対策として注目を集めているのが、圧縮率の高い画像フォーマットWebP(ウェッピー)です。

WEBとはGoogleが開発した画像形式です。圧縮率が高いのが大きな特徴と考えてください。2010年9月に発表されました。2018年には主要ブラウザであるFirefoxやMicrosoft Edgeに、2020年にはAppleのiOS14とSafariに対応することが発表されます。

[ad2]

目次

拡張子webpとは?見れないが対応ブラウザは?

Googleが開発した拡張子WEBP
Googleが開発した拡張子WEBP

WEBとはGoogleが開発した画像形式です。そのため、SEO対策として注目を集めています。とても圧縮率の高い画像フォーマットWebP(ウェッピー)です。

JPEGやPNGよりもファイルサイズが小さくできるという利点があるので、Web上では表示の高速化に一役買っていますね。

indows上ではこのWebP画像を開くために、EdgeやChromeなどを使わなくてはならず、スライド表示ができないことに加え、サムネイル表示もできないので不便です。

見れない場合は?

Windows上ではこのWebP画像を開くために、EdgeやChromeなどを使わなくてはならず、スライド表示ができないことに加え、サムネイル表示もできないので不便です。

そこで、コーデックと呼ばれるソフトをインストールして、JPEGやPNG画像のようにサムネイル表示したり、Windowsのフォトビューワーなどでも開けるようにしてしまいましょう。

WebP画像をWindows上で「普通に」使うには、WebP Codecというコーデックソフトをインストールします。I

ndex of downloads.webmproject.org/releases/webp

以下のような画面が表示されます。

WEBPとはみえない
WEBPとはみえない

WEBPがみれるようになります

WebP画像の関連付けを行います。

WebP画像(拡張子が.webpの画像ファイル)を右クリック→プロパティを開き、プログラムの右側にある「変更」をクリック。ファイルを開く方法で「Windowsフォトビューワー」を選択します

[ad2]

SEO効果はあるの?

Webサイトで用いられる画像はWEBPのほかにもJPEGやPNG、GIFなどが代表的ですね。

各圧縮形式によって画像圧縮率や圧縮方法などが異なりますがWEBPにはメリットが高いです。

 WebPJPEGPNGGIF
圧縮非可逆圧縮非可逆圧縮可逆圧縮可逆圧縮
透過
アニメーション

ページの表示速度は、Googleの検索アルゴリズムにおける評価ポイントの一つです。WebPに変換して表示速度を改善すると、ユーザーの離脱率を減少できます。

有益なページと判断され上位表示が見込めるため、SEO対策にもなります。

[ad2]

拡張子WEBPの利用メリットとデメリットは?

利用メリット1:表示速度を改善

Webサイトで使用する画像をすべてWebPに変換することで、サイトを表示する速度を上げることができます。WebPへの変換で画像が軽量化されます。

サイトの読み込み時間が短縮されるためです。

サイトの読み込み時間が長いと離脱してしまうおそれがあります。これはGoogleのクローラーからSEOとしても評価はよくないです。

表示速度を上げてサイト読み込み時間を短縮することは、ユーザー側のストレス軽減や離脱率低下につながります。

離脱率が下がることでサイト滞在時間が長くなることはSEOにはとてもよいことなのです。

利用メリット2:画像サイズを軽量化

画像のファイルサイズを軽量化できます。JPEGと比較すると、WebPの場合25~34%ほど圧縮して画像を扱うことができます。

見れない?デメリットは?

Webpは、すべてのブラウザに対応しているわけではありません。2020年3月にリリースされたVer13.1(iOSの場合は13.5)までは、Safari未対応というのがデメリットでした。

SafariはiPhoneやMacで使われるブラウザのため、多くのユーザーに未対応の状態になっていたのです。

しかし、新しく対応バージョンがリリースされたことで、導入ハードルが下がりました。

リリースされたばかりのため、ユーザーのアップデートを待つ必要はあります。

WEBPデメリット
WEBPデメリット

引用元:https://caniuse.com/?search=WebP

[ad2]

変換機能ツールや方法は?Wordpress

Squoosh

WEBP変換ツール
WEBP変換ツール

Squooshは、Googleが公開している画像変換サービスです。Googleで開発しているだけに信頼がもてます。

WebPへの変換だけでなく、JPEGやPNGの圧縮などにも対応していて、WebPフォーマットから他の形式への変換も行うことができます。

サイトへのアクセスはこちらから Squoosh

syncer

syncer

syncerは、PEGやPNGをWEBPに、WEBPをPNGに変換するウェブサービスです。画質を保ったまま、圧倒的に容量を圧縮できるWEBPをウェブサイトで活用できます。また、Chromeにのみ対応しています。

サイトへのアクセスはこちらから syncer

[ad2]

WordPressではプラグインEWWW Image Optimizer

WEBP変換ツール
WEBP変換ツール

EWWW Image Optimizerは、WordPressサイトにアップロードした画像を自動的に圧縮をしてくれるプラグインです。

設定画面が変わることがあり、また多機能であるため利用については別のURLでお伝えします。

[ad2]

まとめ

「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」ではSEOの指標として画像の読み込み速度を対象しています。画像の拡張子をWEBPに変換することをお勧めします。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次