竹野内豊の若い頃がかっこよすぎるイケメン!ドラマ?全盛期の画像や写真!卒アル

竹野内豊の若い頃がかっこよすぎるイケメン!全盛期の画像や写真!卒アル
  • URLをコピーしました!

竹野内 豊(たけのうち ゆたか、1971年1月2日 – )は、日本の俳優。埼玉県所沢市出身

アネックス

若い頃やモデル時代の竹野内豊さんがかっこいと言われているようなので、画像をまとめました。その他私が勝手に竹野内豊の全盛期はいつなのか考察をしてみました。


竹野内豊さんは高校在学中に、モデル事務所のオーディションに見事に優勝したのがモデルデビューとなったきっかけとなりました。



1992年に発刊された雑誌「彼のセーター」の表紙を飾った竹野内豊です。

引用元:Twitter
目次

竹野内豊の若い頃がかっこよすぎるイケメン?写真や画像!卒アル?ドラマ?

竹野内豊は超イケメンであることは間違いです。反町隆史とともにビーチボーイズでブームまでおこしhています。
その他にも、様々な雑誌の表紙を飾られている竹野内豊さん。
男性ファッション誌「MEN’S CLUB」の専属モデルとして表紙を飾ることもありました。

竹野内豊の卒アルの写真や画像やドラマ

竹野内豊さんのお母さんとお姉さんがモデル事務所のオーディションに応募されたそうで、ご家族公認のイケメンだったみたいですね。下記の卒アルを見ればおくりたくなりますね。スーパーイケメンですね。

引用元:Twitter

ドラマ

アネックス

若い頃にもドラマがでています。星の金貨がブレイク作品ですかね。これから若いころの竹野内豊のドラマも含めて紹介します。

竹野内豊のドラマ

ボクの就職(1994年4月10日 – 6月26日、TBS) – 佐々木三四郎 役
東京大学物語(1994年10月10日 – 12月19日、テレビ朝日) – 朝倉晃一 役
星の金貨(1995年4月12日 – 7月12日、日本テレビ) – 永井拓巳 役
まだ恋は始まらない(1995年10月16日 – 12月18日、フジテレビ) – 永井聡 役
ロングバケーション(1996年4月15日 – 6月24日、フジテレビ) – 葉山真二 役
続・星の金貨(1996年10月9日 – 12月25日、日本テレビ) – 永井拓巳 役
理想の結婚(1997年1月17日 – 3月21日、TBS) – 大滝勉 役
ビーチボーイズ(1997年7月7日 – 9月22日、フジテレビ) – 鈴木海都 役
ビーチボーイズ スペシャル(1998年1月3日、フジテレビ) – 鈴木海都 役
WITH LOVE(1998年4月14日 – 6月30日、フジテレビ) – 長谷川天 役
GTO(1998年7月7日 ‐ 9月22日、フジテレビ)‐ 本人役(冬月の部屋に貼ってあるポスターでの出演)
世紀末の詩(1998年10月14日 – 12月23日、日本テレビ) – 野亜亘 役
氷の世界(1999年10月11日 – 12月20日、フジテレビ) – 廣川英器 役
真夏のメリークリスマス(2000年10月13日 – 12月15日、TBS) – 樹下涼 役
できちゃった結婚(2001年7月2日 – 9月10日、フジテレビ) – 平尾隆之介 役
大河ドラマ(NHK)
利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年) – 佐脇良之 役
いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年) – 大森兵蔵 役
サイコドクター(2002年、日本テレビ) – 楷恭介 役
タイムリミット(2003年、TBS) – 水沢剛 役
ヤンキー母校に帰る(2003年、TBS) – 吉森真也 役
流転の王妃・最後の皇弟(2003年、テレビ朝日) – 愛新覚羅溥傑 役
離婚弁護士(2004年4月15日、フジテレビ) – 広澤善之 役(第1話ゲスト)
人間の証明(2004年7月8日 – 9月9日、フジテレビ) – 棟居弘一良 役
瑠璃の島(2005年、日本テレビ) – 高原信(川島達也) 役

竹野内豊の若い頃①:モデル時代

母と姉が男性ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』の読者モデルに応募してグランプリを獲得したのをきっかけに芸能界入りしました。

竹野内豊の若い頃①:モデル時代
引用元:Twitter
竹野内豊の若い頃①:モデル時代
引用元:Twitter

竹野内豊の若い頃②:星の金貨時代(ドラマ)

1995年、テレビドラマ『星の金貨』で酒井法子演じる聴覚障害者のヒロインをめぐって三角関係となる腹違いの兄弟を、同じくデビュー直後だった大沢たかおと演じ、揃って注目を集めました。

 1996年、テレビドラマ『続・星の金貨』にも続いて出演し、第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞を受賞した。

竹野内豊の若い頃②:星の金貨時代
引用元:Twitter
アネックス

親にはすかれている竹野内豊、きらわれている大沢たかおが医者の役でありました。当時とも二人とも人気がでてきていて、昔から知名度ののりピーが耳が聞こえない役でした。結局、竹野内豊は彼女を常に思い続けるような役ところだったと思います。

竹野内豊の若い頃②:ロングバケーション(ドラマ)

1996年、テレビドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)では、山口智子演じるヒロインの弟でプレイボーイの葉山真二役を演じる。

竹野内豊の若い頃②:ロングバケーション
引用元:pinterest
竹野内豊の若い頃②:ロングバケーション
引用元:pinterest
アネックス

これはキムタクも竹野内豊も人気絶頂期の一歩手前でしたね。さわやかな役どころが多かったのが突然ひげをはやして、ワイルドな印象を持たれた方がおおかったのではないでしょうか。キムタクがシャイな役だったのでひげに人気があり注目が集まりました。

竹野内豊の若い頃③:ビーチボーイズ(ドラマ)

竹野内豊の若い頃③:ビーチボーイズ
引用元:インスタ

広末涼子もでていて、稲森いずみもでていました。当時の高校生はみんなみていたのではないでしょうか。一瞬だけでもキムタクの人気を反町隆史と竹野内豊は抜いていたとおもいます。そうとうな人気でワイルドな二人でした。

竹野内豊の若い頃③:ビーチボーイズ
引用元:インスタ
アネックス

ワイルド役を演じていたところでまた商社マンのエリートサラリーマンを演じてしまう竹野内豊に俳優としての演技力をかんじましたね。スペシャル版もあるのですが、そちらではロン毛になりまたワイルドを演じています。

竹野内豊の若い頃④『WITH LOVE』(ドラマ)

ビーチボーイズで主演を演じていてからは、1998年『WITH LOVE』、1999年『氷の世界』、2000年『真夏のメリークリスマス』、2001年『できちゃった結婚』といった人気ドラマで主演を演じるようになりました。

竹野内豊の若い頃④『WITH LOVE
引用元:インスタ
アネックス

今までは大沢たかおと竹野内豊、キムタクと竹野内豊、反町隆史と竹野内豊とどちらかといえば2番手がおおかったのですが、このころから単独で主人公をはるようになり、実力もみとめられていきましたね。

竹野内豊の若い頃⑤:ヤンキー母校に帰る(ドラマ)

20代までは恋愛作品のイメージが強かったが、2003年放送の『ヤンキー母校に帰る』では義家弘介をモデルにした元ヤンキーの熱血教師という自身初のこれまでにない硬派な役を演じ、当たり役をすることもふえました。

竹野内豊の若い頃③:ヤンキー母校に帰る

竹野内豊の全盛期はいつ?

今もかっこいいといわれ、全盛期などあるかはわかりませんが、あえていうならビーチボーイズの頃ではないでしょうか。竹野内豊派か反町隆史派でもめていました。反町のほうが人気があったようにみえますが、今の段階では主役をいまだはれている竹野内豊が人気を逆転した感じですね。

アネックス

ただ、竹野内豊と反町隆史はジャニーズが人気あった時代にモデルからでてきた二人であり、対照的な感じでいような人気ですね。全盛期をあげるとすればビーチボーイズだと思います。

まとめ

いまや最後の独身、彼女との噂もありましたが、いつするんですかね。お金もルックスもいまでもすごいですよね。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次