高岡奏輔(たかおかこうすけ)はなぜ引退理由?韓国発言と関東連合

  • URLをコピーしました!

高岡 蒼佑(たかおか そうすけ、1982年〈昭和57年〉2月8日 – )は、日本の格闘家、元俳優。東京都出身。血液型B型。身長175cm。

東京で生まれ、中学の頃に千葉県に引っ越しています。

中学3年までを千葉で過ごす。千葉県内の鴨川第一高等学校に入学後すぐに中退。中退後、1ヶ月間アメリカでホームステイをしました

アメリカから帰国後、東京で一人暮らしを始め、友人の紹介で読者モデルをはじめた。またその時に定時制高校へ入りなおした

定時制高校に通いながらラーメン屋の住み込みのアルバイトと読者モデルをしている苦学生」とテレビ番組で紹介されたことがきっかけでスカウトされ、芸能界入りしました。

別名義高岡蒼甫、高岡奏輔(どちらも旧芸名)
生年月日1982年2月8日(40歳)
出生地日本・東京都
身長175 cm
目次

高岡奏輔の韓国

2011年の〝フジテレビ嫌韓発言〟で物議を醸した。同局で韓国系ドラマが増えていることに疑問を感じたようでツイッターでツイートしています。

高岡は韓国に対する批判ではなく、国の一大事時にどさくさ紛れに欺いて偏りをみせている今の体制への嫌悪感から、日本を引っ張っている人間たちに対する抗議のために発言したとしています。

朝鮮日報の発言

映画のプロモーションで韓国滞在中の高岡の発言として、朝鮮日報(2006年3月12日付)により、下記の発言を行ったと報じられた。

この報道における高岡の発言は、2ちゃんねるなどで反日思想の持ち主と批判の的になりました。

自身のブログが炎上、閉鎖にまでなったのです。

「仲のよかった韓国人の友達がキムチの臭いのために変な目で見られ、堂々と韓服を着ることができないことにいつも胸を痛めていた」「個人的には日本という国はあまり好きではない。韓国に対し、日本は卑劣なように思える。日本政府は正しい情報を国民に伝えるよう願う」

高岡は事実とは異なる報道がなされたことによってマスコミ嫌いが根付くきっかけとなったと明らかにしています。

2011年7月にツイッター上にてツイートもしています。

「卑劣だなんだなんて言ってない。あちらさんの書き方」

フジテレビへの発言

フジテレビの放送番組に「韓流ドラマ」が増えていることに関して、2011年7月23日にTwitter上でツイートしました。過剰な韓流推しをしていると一部で目されているテレビ局(フジテレビ)やK-POP、震災後日本で活動する韓国人タレントを批判する発言を投稿したのです。

「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」

「ここはどこの国だよって感じ^^ 気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!」

「TV局の韓国おし無理。けーPOP、てめーの国でやれ。」 、(韓流に対して)「ここまで侵略しなかったら自分も言わないよ。ここ日本なんだよね^^」

「頑張ってる人たちを見るのは好きです。でもけーぽっぷはふぁっくです^^」、「いやいや勝手にやってくれてたらいいよ。自分の国で。それだけじゃない? 日本がこんな時にボランティアにくるんだったら判るけど韓国に金がいってるんでしょ? ないなぁ。今日本が大変な時に韓国に金。ないなぁ。」

この発言は騒動になり、福岡のテレビ番組では「差別的な発言」として紹介されました。

 自身の思想信条をツイッターで告白後、ツイッターアカウントは大炎上し、所属事務所スターダストプロモーションの幹部と話し合ったが平行線に終わりました。

 高岡から自主退職の申し出はしなかったが契約は解消され、2011年7月28日をもってスターダストプロモーションを離れることをTwitter上にて発表した。

また、2000人が参加するフジテレビに対する抗議デモがお台場の本社前で行われた。参加者が日本国歌を斉唱したため韓国メディアは右翼デモであると非難しています。高岡自身はデモなどに対しては否定的である

なぜこのような発言?

人権救済法案、人権侵害の国際通報制度、自治基本条例、住民投票条例をマスメディアは報道しないが日本人に知らせなくてはならないものとして、日本を守るために早急に覚えるべきであると主張している

2011年10月初頭にブログの記事を全て削除、ツイッターもには

「こんな騒動あって成長してなかったんならある意味俺とんでもない野郎だよな。成長して恩返しする。借りができまくってしまった」などと書き込みました。

「早々にTwitterを辞めたい所なのだがこれを辞めると宣言する事によってまたロクでもない事が起こると思ってるんで続けています。何かが起きたときのツールとして必要なんです」を最後にアカウントを非公開状態にする処置をしています。

高岡蒼佑はなぜ引退理由

冒頭による韓国発言で当時の所属事務所「スターダストプロモーション」も問題視し、事務所幹部と高岡で話し合いが持たれたが、決裂。7月末をもって解雇ととなっています。

「フジと良好な関係を築いていたスターダストは顔面蒼白で、すぐさま幹部が謝罪に向かった。その後高岡とも話したが、本人は『何も悪いことはしていない』と譲らなかった。この一件で高岡さんの俳優生命は大きく変化。『トラブルメーカー』の烙印を押され、特に地上波では長い間〝要注意人物〟扱いされていた」引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2035872/

そして、スターダストに加え、前妻宮崎あおいさんをめぐって、ジャニーズ事務所とトラブルになったこともあったようですね。

自身のインスタグラムを更新し、俳優引退を発表しています。俳優業をやる事は永遠に御座いませんとコメントをしています。

「17歳から俳優として作品作りに携わらせていただきましたが、38歳の今、俳優人生にもう思い残す事は何もないと感じております」とし「この決断を誰1人にも相談していません。何年も考え続けた気持ちです。一度きりの人生、後悔しない生き方をしたいです。自分で決めた生き方を誇れるように強く生きていきます」応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。皆様のご多幸を心よりお祈りしております。関わっていただいた皆様には、格別の感謝を送ります。21年間、本当にありがとうございました」

2021年12月1日 にもスポーツ報知で下記のコメントしています。

「私は芸能人ではなく、芸能界にも居場所はもうありません。そして何より未練もございません」芸能界は引退し、芸能人ではない私ですので、これからも、そっとしていただければ幸いです。またふらっと現れてもそれは芸能人の私ではなく、ただの私ですので、軽く流していただければと思います

高岡奏輔の関東連合

高岡奏輔の関東連合
アネックス

関東連合とは、かつてあった暴走族で、2003年頃には解散したと言われています。高岡奏輔さんも関東連合に所属していたのではないかと噂がありました。本人はこのことをTwitterで否定します。。

高岡奏輔さんが兄貴と慕っていた人が関東連合の関係者だったことでこの噂が出たようです。この兄貴と慕っていた人は、2008年に「西新宿殺人事件」を起こしてしまったとか。(この事件と高岡奏輔さんは無関係です)

まとめ

宮崎あおいの結婚相手としてでてきたときはとても爽やかな青年でした。それがどんどんイメージが悪化していきましたのでしょう。やっぱりマスコミに不信を抱いて信用ができなくなってしまったんですかね。

privateでは友人も多そうですし、良い人だとおもうんですけどね。こればかりはわかりません。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次