キーワードがカニバリゼーション(カニバリ)する懸念は?SEO対策!ブログの重複ページの見つけ方!ahrefsも利用!特定や解決対処方法!

  • URLをコピーしました!
What is cannibalization?
What is cannibalization?

SEOでは「カニバリ」という単語を頻繁に耳にしますよね。2018年ごろからですかね。上位サイトがなぜか表示されなくなった。見逃しがちだが意外と深刻なこの問題を、改めて理解しておこう。

カニバリゼーションの類義語は、そのまま翻訳ですが「共食い現象」が挙げられます。

カニバリとは、カニバリゼーションです。「キーワード同士の共食い」になります。複数のページが、同じ(あるいは非常に似通った)キーワードやキーワード群をめぐって競合している問題のこととなります。それぞれのページに評価が分散されてしまい、全体的な検索順位も上がらなくなってしまいます。

サイトのSEOコンディションをさげてしまいSEOのバランスが非常にわるくなります。

自分自身でカニバリの特定ができるようになり、解消まで持っていけるようになること目的とします。

カニバリの概念について読み進める方は、カニバリの特定方法・解消方法の箇所から紐解くようにします。

目次

キーワードのカニバリ(カニバリゼーション)とは?ブログのSEO懸念

What is cannibalization?
What is cannibalization?

キーワードカニバリゼーション(カニバリ)とは、自サイトの複数ページが「同一検索キーワード」「同一検索意図」に対して競合することです。

カニバリが発生することで、「CTRや被リンク、コンテンツ、コンバージョンなど、各種指標」を2つに分割してしまいます。カニバリにも、いくつかのパターンがあります。

カニバリはSEOで影響がある

Impact of SEO
Impact of SEO

複数のページで同じキーワードや類似のキーワードをターゲットにしています。

検索エンジンから見て「混乱」が生じてしまいます。どのキーワードに対してどのページを表示すればいいかわからなくなってしまうのです。

これは、関連するページが持つSEOのポテンシャルを損ないますが、気づかないことが多いのも事実なのです。

SEOの評価が分散する

SEO評価を正当にGoogleに評価してもらえなくなります。

1つのページでこの問題がどれほど足かせになっているかを見積もるのは難しく、ポテンシャルが損なわれた複数のページにわたる問題です。

「検索エンジンがサイトのどのページを表出すべきか」をわからないため、検索結果に複数のページが表出していたり、検索するタイミングによって表示されるページに変化があるのです。SEOでも正確に把握できていないということです。同一サイト内で不毛な争いをしているうちに競合に順位を抜かれてしまいます。

被リンク評価が分散する

リンクは昔からSEOでも大切な要素でした。

カニバリがあるとリンクも分散しまいます。

本来的にもらえたはずのリンクジュースはもらえないことになってしまいます。

現状はリンク評価が分散していなかったとしても、カニバリが発生していることで分散してしまいます。

クロールバジェットが分散する

「クロールバジェット」とは、「グーグルのクローラーであるGooglebotがそのサイトを一定期間にどれぐらいクロールするかの割り当て枠」という意味合いで使われている言葉です。

大規模サイトになればそれだけクローラーのリソースを食います。

SEOでは、数少ないクローラーのリソースをどれだけ綺麗にサイト内をクローリングするか。

Googleのアルゴリズム的にはフレッシュネス指標と呼ばれる「最新の情報を好む」があります。

定期的にクローラーをコンテンツに対して回さないと順位が次第に下落してしまいます。

各種ページのクロール頻度を高めるためにも、クロールバジェットの無駄遣いを極力避けることが大切になります。

類似コンテンツとして評価の低下

同一の検索キーワードや意図に対して複数のページがあることが、直接的にサイトやページの評価を下げることもあります。

両方のページがインデックスされており、検索結果にも出続けているのであれば、基本的には重複ページ扱いはされません。

クリティカルな問題ではないと思うものの、類似率が高すぎる場合には、両方のページの評価を下げるアルゴリズムが働く可能性あります。

少しでもネガティブな可能性があるのであれば、基本的には対処すべきでしょう。

上記のように同一サイト内での評価分散を引き起こして、本来持っている100%のポテンシャルがGoogleに伝えるようにしましょう。

ロングテールの効果

キーワードカニバリゼーションを起こしていてもコンテンツの量が増えていくことに達成感を感じるかもしれません。

しかし、長期的視野で考えると、ロングテールの効果がうすれてきます。

ユーザーが新しい情報を得たいと思っても、同じような内容ばかりだとすぐに離脱しまいます。

カニバリの特定場所・回避策・対処方法は?

特定場所は

カニバリゼーションを特によく目にするのは次の2カ所となります。

メタデータ

複数のページで、メタデータ(主にtitle要素や見出し)が同じキーワードや非常に似通ったキーワードをターゲットにしている場合に、カニバリゼーションが発生します。

ページコンテンツ

同じサイトの複数のページで、非常に似通ったページではカニバリゼーションが起こります。

こうした場合の対処には、通常は上述の例より手間がかかりますね。

競合するすべてのページを見つけてから、この問題に対処する最適なアプローチを決める必要があるからです。

その場合には下記の見つけ方を参考にして特定してください。

ブログのカニバリゼーション(カニバリ)の見つけ方!ahrefsツールやコマンド

カニバリの見つけ方をお伝えします。AhrefsやSEMRushなど利用する方法でもっとも簡単にわかる方法もありますがツールが高いので安価での見つけ方をお伝えします。

ツール:GRC

GRCという順位計測ツールを利用することで、カニバリを簡易的見つけやすくなります。

具体的には、計測した順位が確認できる画面の右下にある日付ごとの順位と表出URLが一覧で見られる箇所を確認します。LPは固定されているはずです

GRC
GRC

カニバリが発生していると、上記の画像のように検索結果に表示されるURLが変わってしまいます。結果として順位も大きく落ちています。どのURLが検索結果面に出ているのかも定期的に確認していくことは非常に重要です。

ツール:Googleサーチコンソール

カニバリを特定するにはGoogleサーチコンソールを利用する方法もあります。

ただ、Googleサーチコンソールを利用する方法は時間がかかります。

URL単位、キーワード単位で確認していくのは、ツール「GRC」やコマンド「site:」を利用してカニバリが疑わしいとなったものを探すのがよいでしょう。

Googleサーチコンソールに複数のページが出てきたらカニバリとして可能性があります。

また、上記のように「表示回数」が似たりよったりですと、検索タイミングによってカニバリの可能性が非常に大きいです。

ツール:ahrefs

ahrefs.comでも確認ができます。すると、このようにサイトの詳細が表示されます。

ツール:ahrefs
ahrfs

 トップページでカニバリゼーションを検証したいサイトのURLを入力します。

このページにて、左メニューにある「オーガニックキーワード(Organic Keywords)」をクリックすると、キーワードの一覧が表示されます。

ツール:ahrefs
ツール:ahrefs

画面右側にあるエクスポート(Export)のボタンをクリックします。

ツール:ahrefs

「フルエクスポート」を選択し、CSVフォーマットを選びます。

環境によってはダウンロードされたファイルが文字化けしてしまう場合がありますが、もし文字化けする場合は、CSVフォーマットをどちらかに変更すれば直るはずです。

「フルエクスポート」とCSVフォーマットを選択したら、「エクスポートを開始する」をクリックすれば、ファイルがダウンロードの準備が開始されます。そして画面右上に表示される「Download」を押すと、パソコンにセーブされます。

ウンロードしたスプレッドシート上に、「2」でダウンロードしたデータファイルをインポートします。

前述のスプレッドシートを開き、1Aのセルをクリックした状態でトップメニューのファイルをクリックします。

ツール:ahrefs
ツール:ahrefs

「Keword」のタブでは、このように同じキーワードに対して複数のURLが表示されるはずです。

順位がついているのが分かりますね。これがカニバリゼーションを起こしている記事とキーワードになります。

コマンド:site://

site: というGoogle検索用のコマンドの簡易的な方法もあります。

「site://abc.com  ×××」とGoogleで検索するのです。

abc.comにはカニバリが発生していないかどうかを検索したいドメイン、テキストにはカニバリが発生していないかどうかを確かめたいキーワードを指定します。

指定したドメインの全ページのコンテンツに対してテキスト検索をします。

この際の検索結果画面で表示させたいページが最上位に表出しなかった場合にはカニバリの可能性はあります。

カニバリゼーション(カニバリ)の解決方法

SEO Cannibalization Solution
SEO Cannibalization
Solution

①カニバリが発生しているページが見つかった場合には、そのキーワードに対して優先的に表出したいページはどれかをを考えます。

②カニバリを発生させているページは必要かどうかを考えてください。「そのページはユーザーにとって必要か?」だけを考えるのもよいでしょう。

対処1:カニバリしているページが不必要な場合?

ページが不要であればまず削除とかんがえるかもしれません。ただ、削除をしようとしているページにSEO価値があるかどうかを考える必要があります。

SEOは、ページに集めた「資産」の総和でドメインの価値が決まります。被リンクやSNSのシェア数などの基本的な外部要因を考えてください。

そのページに被リンクがついていたり、過去にSNSでバズったりして拡散数が多い場合などには、削除してしまうことでそれらの資産が失われてしまいます。

少しでも価値があるのであれば、リダイレクトも検討しましょう。不要なページから必要なページへのリダイレクトをします。

不要であればnoindexタグによるindex除外やcanonicalタグによるURL正規化を実施しましょう。

対処2:カニバリしているページが必要な場合は?

ページが必要な場合には、検索結果経由でSEO流入を獲得する必要はありますか?必要なページは「カニバリが発生しているキーワード以外でも、それなりの流入が発生している」ものです。SEOチューニングをして、カニバリを解消することを検討しなくてはなりません。

対処3:カニバリしている両方のページを残したい場合

下記のような施策を実施することでカニバリが解消されることが多いです。

タイトル・ディスクリプション・Hタグの変更

両方のページにカニバリが発生しているキーワードが含まれているかご確認ください。もし重複しているようであれば検索結果に出したくないページからワードを消しましょう。

meta descriptionについては特に疎かにされがちですが、カニバリ対策には非常に効果的なタグになります。

内部リンクの変更

アンカーテキストを変えるなどかんがえてみるのも検討しなくてはいけませんね。検索結果に出したいページにむけて、検索結果に出したくないページから対策キーワードをアンカーテキストにしたテキストリンクをはります。

内部リンクにて主従関係をつけてあげることでカニバリを解消することができる場合も多いです。

アンカーテキストやaltタグ内に似たキーワードが記載されていた場合にもカニバリとなる場合もありますのでご注意ください

まとめ

キーワードカニバリゼーションはサイトの規模を大きくしようと頑張ってきた場合に発生するリスクのある現象です。

この種のキーワードカニバリゼーションは通常、相当量のテキストを含む記事ページやトランザクションページで起こる場合が多いでのです。

複数の人数でメンテナンスしている場合は発見しにくくなりますのでツールの重要性が増してきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる