再検索キーワードとは?LSIキーワードとの違い?分析ツールで調べ方?検索意図必要なSEO対策

再検索ワードとは
  • URLをコピーしました!
再検索(LSI)ワードとは
再検索(LSI)ワードとは

再検索キーワードとは、再検索ワードとも呼ばれるLSIキーワード(共起語)の1つです。

検索順位はそこそこ高いのに、あまりアクセスが増えない記事は、まずタイトルを見直してみいかもしれません。

「これだ」と思えるような探していたものが見つかったことがあります。

これは読まないとまずいと思えるような危機感 こんな感情を出させるタイトルがいいですよね。

それはもちろん再検索ワードでみつかります。

目次

再検索キーワード!LSIキーワードとの違い??SEO対策なの?どういった意味

再検索ワードとは

再検索キーワードとは、再検索ワードとも呼ばれるLSIキーワード(共起語)の1つです。

サイト内検索を利用したページをヒントに改善策!再検索の深度!検索意図

Googleにおいてユーザーが特定のキーワードで検索した際に、検索結果ページの一番下に並んでいる「他のキーワード」になります。
特定のクエリで検索結果を閲覧したにも関わらず、ユーザーニーズが解決しなかった際に入力されるキーワードとなります。

GoogleサジェストキーワードやGoogle関連キーワード(キーワードプランナー)とはちがう。

Webページの閲覧後に再度検索されたワード ・ユーザーが”次に知りたい”内容が反映 ・コンテンツに取り入れると、

よくある質問をたすです。

再検索ワードと共起語の違いは?共起語とは?

共起語とは

共起語とは、あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語、フレーズのことです。

例えば、「共起語」というキーワードであれば、「キーワード」「SEO」「ツール」「関連」「対策」などが挙げられます。

または「化粧水 30代」であれば、「化粧」「美容」「ランキング」「発売」「ローション」「おすすめ」などが共起語です。

キーワード共起語
共起語キーワード、SEO、ツール、関連、対策
化粧水 30代化粧、美白、おすすめ、ケア、成分
エアコン 修理 費用故障、箇所、部品、必要、料金

共起語の検索ツールもお伝えします。

あわせて読みたい
共起語検索ツール SEO対策で必要と言われている共起語について、現在の検索結果をベースに出現頻度から、共起語として認識されていると思われる単語を出力するツールです。

サイト内検索における分析ツールは?リライトにつかえるなどメリット

再検索ワード
再検索ワード

自分のなかでの経験で思い浮かぶこともよいかと思います。またツールとしては下記で見つけられます。

①Chrome拡張 「Extract People also search phrases in Google」

「ブラウザバックして再検索されているワード」 が表示されます。お宝ワード発掘のコツは 「CVに近い複合の再検索ワードを検索し続ける」 これだけです。

②Google Serchconsole

再建策ワードがかくれていることがあります。

再検索(LSI)ワードが必要な理由?調べ方は?

再検索ワード(LSI)
再検索ワード(LSI)

SEO対策でブログを書く時は、「最初の情報集め」に惜しまず時間を使うことが必要です。

 どんな情報を求めて、どのくらい検索されているのか。

メリットはリライトにつながります

メリットはリライトにつながります

 

再検索ワードや共起語も見て入念に下調べます。全部を利用する必要がありませんが、クエリにたいして必要なワード(再検索ワード)をさがすとSEOにも効果があると考えられます。

再検索 キーワードツール

まとめ

Webページの閲覧後に再度検索されたワード ・ユーザーが”次に知りたい”内容が反映 されます。コンテンツに取り入れると、 ユーザー満足度が向上し、離脱率が下がる →検索エンジンからの高評価に繋がると考えらえます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる