宮沢りえの父?ハーフ?家系図で金持ち?若い頃や実家!両親

宮沢りえの父?ハーフ?家系図で金持ち?若い頃や実家!両親
  • URLをコピーしました!

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日- )は、日本の女優、ファッションモデル。かつては歌手としても活動していた。東京都練馬区出身です。オランダ人の父親を持つハーフ。夫は元V6で俳優の森田剛。

アネックス

今回の記事では宮沢りえの父?ハーフ?家系図で金持ち?若い頃や実家!両親についてお伝えします。

宮沢 りえのプロフィール

1985年、小学6年生の時に、明星食品「チャルメラ」のCMで芸能活動をスタートします。

  1987年、初代リハウスガールを務め注目を集める。 1987年、母親の宮澤光子と共に個人事務所「エムツー企画」を設立しました。

1988年、映画『ぼくらの七日間戦争』の主演で女優デビューを果たし、日本アカデミー賞新人賞を受賞します。

同時期から活躍していた後藤久美子とは、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。

後藤とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

宮沢 りえのプロフィール

出生地 日本の旗 日本・東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
身長 167 cm
血液型 B型
職業 女優、ファッションモデル
ジャンル 映画、テレビドラマ、CM
活動期間 1985年 –

目次

宮沢りえの父親となるオランダ人男性と結婚!宮沢りえの両親!ハーフ

宮沢りえさんは、日本人の母親・光子さんとオランダ人の実の父親の子供なので、「Japanese Dutch 」のハーフになります。オランダ名は「リー(Leee)・マム」とのことです。

宮沢りえはハーフだった!父親との出会い

外国語を学ぶためにヨーロッパへ向かいます。ヨーロッパ行きの船の中で、オランダ人船員と出会い恋に落ちます。

宮沢りえさんの父親にあたるオランダ人男性と知り合い、宮沢りえさんを身ごもることになります。

そのオランダ人男性と、一緒に暮らしますが、オランダの田舎生活の退屈さに耐えきれず、帰国します。

帰国後1973年4月6日、宮沢りえさんを東京練馬区で出産します。幼少期は、伯母の下で従兄弟達と育つ。オランダ人の父親とは、両親の離婚により全く交流がなかったそうです。

父親であるオランダ人男性は東京まで光子さんを追いかけてきましたが、光子さんは宮沢りえさんを女手一つで育てます。

宮沢りえの家系図?実家は金持ち!両親

宮沢りえの家系図は?

宮沢りえの家系図は?

父親:オランダ人
母親:宮沢光子(エムツー企画代表取締役。通称:りえママ。2014年死去)
元夫:サーファーで実業家の一般人男性。2016年離婚
子供:2009年に女児が誕生

生活費を稼ぐために、銀座でホステスとして働き、宮沢りえさんは、光子さんの姉さつ子さん一家に預けられます。

シングルマザーになった宮沢りえさんの母親・光子さんは、マンション借りて、銀座のホステスとした働く道をえらびました。。宮沢りえさんは、光子さんの姉・さつ子さんに預け、養育費を仕送りしていたとか。

光子さんが働いていたお店でピアノを弾いていた小澤典仁氏と再婚したため、宮沢りえさんを呼び戻し一緒に住むことになったようです。

母・光子さんと継父・小澤氏が二人で働きに出掛けると宮沢りえさんが夜一人でおする番をしていたそうです。そんな生活が続くなか、母・光子さんが妊娠し、宮沢りえさんと4歳違いの異父弟が誕生したのでした。

家族構成は、母・光子と継父・小澤氏と宮沢りえさんと弟の構成の4人家族でしたが、翌年母と継父は離婚することになりました。光子さんは、小澤氏側から言い出された離婚の条件を呑み、息子との縁は切ったそうです。


さつ子さんは、夫、息子、宮沢りえさんと大泉学園に暮らし、光子さんは、都心のマンションに一人暮らしをします。

宮沢りえさんは小学校4年まで叔母一家と家族のように暮らし愛情いっぱい育てられ幸せな日々を過ごしていたようです。

しかし、オランダ人男性との結婚生活も、わずか4カ月足らずで破綻して離婚してしまいます。

宮沢りえの若い頃がかわいい

宮沢りえの若い頃がかわいい

1987年、三井のリハウスのCMで注目を集めてトップアイドルとなり、16歳でふんどしカレンダー、
18歳の時には『Santa Fe』でヌード写真集を発売するなどいつも大きな話題の中心となっていた宮沢りえさん。

デルとして11歳の頃にデビュー、程なくして雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなりました。

 1987年(昭和62年)、CM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

宮沢りえさんは当初、大手事務所に所属したといいますがすぐに母が個人事務所を設立し、光子さんの姉さつ子さんとともに経営します。

18歳の時ヘアヌード写真集を出版した際、光子さんの豪腕ぶりに当時のマスコミからは非難や様々な憶測が飛び交いました。

宮沢りえさんを大手事務所に所属させなかったのは、何をされるのか危険であり、守ろうとしたためと、りえさんはインタビューで答えています。

宮沢りえの若い頃①活動休止状態

10代の頃には、16歳の時に『ふんどしカレンダー』や、18歳の時にはヘアヌード写真集『Santa Fe』などの奇抜な話題作り、そしてマネージャーを務めていた母親(通称・りえママ)の存在とで注目されました。

 婚約や婚約解消、また男性との交際、さらに拒食症の噂など、芸能マスコミからのバッシング報道が相次ぎ、アメリカサンディエゴへの移住を発表するなど、一時期は芸能活動休止状態となりました。

激痩せから回復して来たと見られる頃から、徐々に芸能活動を再開し、2002年(平成14年)の『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつりました。

宮沢りえの若い頃②貴乃花と婚約発表

1992年11月27日、貴花田(当時関脇、後の第65代横綱・貴乃花)との婚約を発表しました。

 当時、国民的な人気を誇っていた2人の婚約は“世紀のカップル誕生”と大きな話題となります。

しかし、1993年1月27日、「人生最高のパートナーになれなかった」とコメントを発表し、わずか2か月間で婚約解消を発表となりました。

美川憲一からは妹のようにかわいがられており、貴乃花との婚約破棄も宮沢の母の依頼を受けた美川憲一が説得したことによります。

宮沢りえの若い頃③枕営業強要・噂の真相とは?


宮沢りえさんは17歳の時に「SantaFe」(サンタフェ)という写真集を出しており、恐らくここら辺から母親に枕営業をさせられていたのではないかと言われています。

芸能リポーターの井上公造さんは、光子さんは、りえさんが一流の男性と付き合うことに固執したといいます。

ママはりえさんの異性関係までコントロールしようとしました。光子さんには、一流の男性と付き合ってこそ、一流の女性になれる、という信念のようなものがあった


母親マ「将来絶対にスターになる!」と娘の才能を見抜きました。

宮沢りえさんの母親はそれまでの放蕩ぶりから一転、強烈なステージママへと変貌して宮沢りえさんを徹底的に支配しはじめたとかいいます。

光子さんが連載を担当していた雑誌コラムにおいて、宮沢りえさんはビートたけしと交際しており、ふたりは肉体関係を結んでいないということまで言っています。

宮沢りえさんは勝新太郎さんやビートたけしさんにも枕営業したと言われていますが、たけしさんは宮沢りえさんを傷つけないようにさせながらも「早く帰って寝なさい」と帰したそうですよ。

本当のところはどうかわかりませんが、そのようにバッシングを浴びたのです。

加熱報道についても、「嘘ばっかり」であるとし、反論したいという当時のりえさんに対して、光子さんは、「絶対に反論はしないほうがいい。いつか分かるときが来るから。それに対して抵抗するのは、いい仕事をすることだと思う」と諭したといいます。

まとめ

宮沢りえの父?ハーフ?家系図で金持ち?若い頃や実家!両親についてお伝えしました。壮絶な若い頃をすごしていたのがわかりますよね。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次