草なぎ剛の天才と演技力の評価や凄さ!つかこうへいと大絶賛

草なぎ剛の天才と演技力の評価や凄さ!つかこうへいと大絶賛
  • URLをコピーしました!

彅 剛(くさなぎ つよし、1974年〈昭和49年〉7月9日- )は、日本の歌手・俳優・タレント・ナレーター・司会者・YouTuber。アイドルグループ・SMAPの元メンバー(1988年 – 2016年)。愛媛県生まれ、埼玉県出身の春日部市育ち。

株式会社CULEN所属です。SMAPのメンバーとして長年活躍し続けていた草なぎ剛さん。俳優としての実力には定評があります。

2016年末に解散することになったSMAP。そして同時に草なぎ剛さんがジャニーズ事務所から独立を決定し今後の活動状況に注目が集まっています

目次

草彅剛は演技や演出が天才といわれている!つかこうへいなど

共演した俳優や監督などからは、草彅さんの仕事に対する執着心や集中力の高さに定評がありますし、感受性の強さは、感情
移入のしやすさにも影響しているようで、様々な役柄をこなす上で役立っているようです。

草彅さんが役作りのためには、とことんストイックに努力を重ねる姿は、数多くの共演者のコメントからも周知のことです。
草彅さんの徹底した役作りは、時には驚きを感じるもので、そこまで自分自身を追い込まなくても良いのではと思わせてしまうほどだそうです。

https://twitter.com/818hiroharu214/status/1398976511357579266?s=20&t=t6YxJ9DWEDFDC2xpGO71Kg

当たり前の様に寝ないで努力している人なんだけど、そこを見せないところがやはりプロフェッショナルだといえあれています。

演技や演出が天才といわれる理由①:つかこうへい

草彅は劇作家・演出家・直木賞作家のつかこうへいから「大天才」と評価されています。

いつかは草彅主演舞台『蒲田行進曲』の作・演出を務めており、本作の公演期間前に草彅について「俺の想像を超えてた。あの子を待つためにこの20年近く、芝居をしなかったんだろうと思わせる」と発言しています。

のちも「衝撃的だったね」と振り返っている

つかは演出において俳優に多数の注文を繰り出すことで知られています。

「天才だよ、草彅君は。僕は1度も演技に注文をつけていない」

また、草彅を「非常に頭のいい子」と形容しています。

 「吸い取り紙にこう、水がスッと吸い上げられるような感じで、[手を真上へ挙げ]こんなふうに伸びていきましたんでね、[手で緩やかな傾斜のラインを作り]こういうふうにはならないもんですね天才ってのは、[力強く敏速に手を真上へ挙げ]こう上がっていくもんなんですね」

 草彅本人には「好きにやってくれ」と伝えていたようです。

つかはJ・D・サリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』の主人公・ホールデンを演じる能力を持つ役者が日本に一人だけいることを記しており、その能力の高さを書き表して、「草彅剛である。」と結んでいます。

オレたちの前には草彅剛のヤスが山のように立ちはだかっている。 勝てるわけがないのは承知だ。

ふと、
残酷なまでに無垢な天才・草彅剛の優しさのことを思った。
友よ。
元気でいるか。
友よ。
泣いていないか…。— つかこうへい

草彅とつかがともに仕事をしたのは1999年・2000年の『蒲田行進曲』のみとなったが、つかは本作以外にも草彅主演作品の構想を述べてきており、つかが肺癌で闘病のすえ2010年に死去後は、つかと長年仕事をしていた制作スタッフがつかについて、「『もう一度草彅くんとやりたいな』といつも言ってらした。

演技や演出が天才といわれる理由②:松井今朝子の証言

草彅について『蒲田行進曲』に主演したとき天才だと確信してています。

 草彅主演舞台『父帰る/屋上の狂人』(菊池寛の古典で前者「父帰る」は高松の、後者「屋上の狂人」は讃岐の方言を使った戯曲の作品)観劇後には「本当にふしぎなくらいピュアな役者」と形容しました。

「たとえば梅沢昌代は巧い女優さんだけれど、舞台に立つとやはり女優がやっているようにしか見えないのに、草彅は舞台でただ座って新聞を読んでいるだけで、逆に明治の青年がそこにいるようにしか見えないのである。これって本当にスゴイことだと思う。役者がだれでもそれを目指してほとんどができないことをすらっと出来てしまう。天才の天才たる所以だろう」

 さらに、松井は本作の制作者が草彅にこの戯曲をもってきたことについてでも「今どき舞台でこんな芝居ができるのは、この人しかいないことを改めて知らしめたようにも思えるのだった」と記しています。

演技や演出が天才といわれる理由③香取慎吾の証言

香取慎吾は「とにかくつよぽんは勉強家」と述べており、そのことについて「とことんハマる」と言い表しています。

 また、香取は俳優としての草彅について、本当に大好きと発言している一連でも「真面目すぎるくらい真面目に作品に取り組むところも尊敬してるし」と語っています。

演技や演出が天才といわれる理由④渡辺えり

渡辺えりは草彅を「天才的な努力家」と評価しています。

草彅主演舞台『瞼の母』は、草彅を高く評価しているプロデューサーの意向で、渡辺が古典戯曲『瞼の母』を長谷川伸の原作に忠実に台詞を一切書き直さず、今では全く使わなくなってしまった言葉も、あえてそのまま残し、かつ、全場上演としての演出を行ったとお話をしています。

演技や演出が天才といわれる理由⑤大竹しのぶ

「ひとりで練習していてすごかった」と明かしております。

 「耳にこびりついたくらい。すごいと思った」

 また、「ひたすら努力する人なんです」「稽古の休憩時間に、ひとり廊下で踊りの練習をしていた姿も忘れられません。きっと番組の収録か何かのためでしょう。そして次の休憩には立ち回りの稽古。結局、まったく休んでいないんです。やっぱり物事は努力しなければいけないなと。剛君を見て、自分も頑張ろうと励まされました」と語っています。

演技や演出が天才といわれる理由⑥:三谷幸喜

本作の幕が開く前、草彅はかなり早いうちから台本のすべての台詞を覚えており(稽古の初日前には既に台本のあたまから終わりまで読み込んでいた)、その状態でいて、毎日、台本のすべての台詞と向き合っているようです。

 三谷はそのことに驚いた胸のうちを明かしており、「こんな役者さんは初めてだ」とコラムに書いています。

なお、そのコラムには稽古中の草彅について、役の気持ちになりきっての体現のことも綴っており、これにも驚くことを記している

演技や演出が天才といわれる理由⑦:美内すずえ

下記のツイートが有名ですね。

「草彅剛。彼は天才だよ」 一瞬、聞き間違いかと思った。あの芝居に厳しい、日本の演劇界の革命児・つかこうへいさんが、たしかに「天才だよ」と言ったのだ。舞台を観て、さらに驚いた。熱量の高い、あの独特の “つか芝居”を、アイドルの草彅さんが演っていたからだ

まとめ

草彅剛のドラマですが久々にみてみませんか

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次