小林武史の昔・若い頃の天才プロデュース!現在・今の妻は?サザン・ミスチルなど

小林武史の昔・若い頃の天才プロデュース!松下由樹の結婚から独身!現在・今の妻は?
  • URLをコピーしました!

小林 武史こばやし たけし、1959年6月7日 – )は、日本の音楽家・音楽プロデューサー・作詞家・作曲家・編曲家・キーボーディスト。山形県新庄市出身。

アネックス

小林誠司の若い頃はヒットメーカーの名を不動のものとし、当時trfやglobeのプロデュース業で大活躍していた小室哲哉とイニシャルが同じことから「TK時代」と呼ばれるようになりました。また女性関係も派手だったようです。

桑田佳祐・サザンオールスターズのプロデューサーだったことで知られており、自身の事務所所属のアーティストである、Mr.Childrenのプロデューサーだったが、現在はプロデュースからは離れている。

小林武志のプロフィール

生年月日: 1959年6月7日 (年齢 63歳)
出生地: 山形県 新庄市
配偶者: akko (1996年 – 2008年)
音楽グループ: My Little Lover (1995年 – 2006年)、 Mr.Children、 さらに表示

目次

小林武志の昔・若い頃から天才プロデュース!サザン・ミスチルなど

小林武志が天才といわれる環境の幼少期

山形県新庄市で生まれた小林武史さんは、5歳からピアノを始めると、お兄さんの影響から多くの音楽に親しみます。

特に洋楽を聞いて育ったのです。

高校の頃には、ジャズ理論なども自ら学ぶ。

後に、バークリー音楽大学から帰ってきた先生にバークリーメソッドで音楽理論を個人的に学んでいた。バンドを組んで自作曲を演奏したり米軍キャンプ回りをします。

 20歳の頃にはスタジオミュージシャン(キーボーディスト)としても活動を始める。バークリー音楽大学に行きたい気持ちもあったが、日本でもある程度学べたことと仕事が増えたことで、実践で経験をつけました。

そしてバンド活動もスタートさせた小林武史さんは、米軍キャンプ回りをして自作の曲を披露しています。

小林武志の昔・若い頃から天才プロデュース①:小林武志は作曲家としての活動したころ

1977年に廣田龍人が率いる『RICKY&REVOLVER』の結成に参加した頃さんは、1980年には、業界プレゼンライブ「第1回原宿音楽祭」に出場し優勝しています。

小林武史さんは1980年頃に杏里さんの楽曲制作を依頼され、初めて手掛け1982年にリリースされた『思いきりアメリカン』が大ヒットを記録したことを皮切りに、作曲家としての活動もスタートさせ、杏里さんのサポートメンバーも務めています。

1984年の25歳頃になると、ギタリスト大村憲司さんとの出会いをきっかけに、井上陽水さんや坂本龍一さん、高橋幸宏さんや大貫妙子さんなど、数多くのアーティストの楽曲やライブにキーボーディストとして参加します。

「このアルバムのシェフは小林君、自分は素材として気持ちよく仕事ができた」

小林武志の昔・若い頃から天才プロデュース②:桑田佳祐・サザンオールスターズへの楽曲を提供

小林武史さんは1987年に桑田佳祐さんの1stソロシングル『悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)』、1988年に2ndシングル『いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)』、1stソロアルバム『Keisuke Kuwata』のアレンジに参加します。

無名だった小林武史さんが高く評価されるきっかけとなったのです。

1988年、活動再開後のサザンオールスターズの初シングル『みんなのうた』からサザンの編曲に参加し、アレンジもするようになった小林武史さんは「真夏の果実」「希望の轍」など多くの名曲を送り出しています。

小林武志の昔・若い頃から天才プロデュース③:小泉今日子も楽曲を提供

林武史さんは一方で作詞編曲を手掛けた小泉今日子さんの『あなたに会えてよかった』がミリオンセラーを記録すると、『第33回日本レコード大賞編曲賞』を受賞したのです。

そして小林武史さん下記のように明かしています。

『この曲でメロディーメーカーとして世間に認知されたことが大きな自信になった』

小林武志の昔・若い頃から天才プロデュース④:ミスチルをプロデュース

た小林武史さんは『まっさらなバンドをプロデュースしてみたい』との願望がありました。

 Mr.Childrenを1992年のデビュー当時からプロデュースすると、1993年のアルバム『Versus』から徐々に売れ始め、以降『CROSS ROAD』や『Tomorrow never knows』などが大ヒットを記録し、『名もなき歌』では200万枚以上のセールスを記録し、Mr.Childrenをトップアーティストへと育てあげたのです

小林武志の昔・若い頃から天才プロデュース④:マイリトルラバーをプロデュース

そんな小林武史さんは1995年、かねてからデビューさせたかったというAKKOとギタリスト・藤井謙二をMY LITTLE LOVERとして『Man & Woman』でデビューさせます。

 1996年にリリースした『Hello, Again ~昔からある場所~』がドラマの主題歌に起用され、1stアルバム『evergreen』共に200万枚を超える大ヒットを記録したのです。

小林武志の現在の今の妻は?結婚してる

松下由樹との破局後も

AKKO

一番有名なのは小林武史さん自身も所属していたマイリトルラバーのakkoさんと結婚していたことです
小林武史さんといえば!略奪愛というぐらい略奪愛のイメージの強い人でもありますね
小林武史さんはそもそも一般人の女性と結婚をしていたんですが、ミュージシャンの大貫妙子さんと浮気をして離婚をしています。

一青窈

一青窈さんは結婚願望が強く、子供も欲しがっていたそうです。前妻のakkoさんとの間に子供がいる小林さんは再婚に積極的ではありませんでした。その溝が埋まらないまま、2009年に一度同棲を解消しています。それでも翌年には一青窈さんが彼の元に戻っており、切っても切れない関係だったようです

小林武志さんの現在は奥さんはいらっしゃらないようです。でもさんざん若い頃から遊んできましたのでそしては別れを繰り返してきたので彼女はいるかもしれません。

アネックス

結婚には向いていないと自分や周りの人もかんがえているのではないでしょうか。

まとめ

小室哲哉と同じような人生を歩んではいるんですね。小林武志はそこまでメディアにでなかったから報道はされませんでしたが。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次