木佐彩子のプロフィール?実家?父親の職業と母親?年齢?昔や若い頃!英語年齢?

木佐彩子のプロフィール?実家?父親の職業と母親?年齢?昔や若い頃!英語年齢?
  • URLをコピーしました!

木佐 彩子(きさ あやこ、1971年5月26日 – )は、日本のフリーアナウンサー。

元フジテレビアナウンサー。エイジス所属。夫は東北楽天ゴールデンイーグルスゼネラルマネージャーの石井一久です。

アネックス

今回の記事では木佐彩子の実家?父親の職業と母親と実家?年齢昔や若い頃!家族についてお伝えします。

資格は英語検定準1級所持。アメリカにいた中学時代にガールスカウトの活動でベビーシッターの免許を取り、ベビーシッターのアルバイト経験があります。

目次

木佐彩子の若い頃・昔!フジテレビ同期は?プロフィール身長!英語

木佐彩子の若い頃・昔!フジテレビ同期は?プロフィール身長!英語

木佐彩子のプロフィール身長!英語

小学2年から中学2年までの7年間、アメリカ・ロサンゼルスで過ごした帰国子女です。身長は158cmです。

木佐彩子のプロフィール

国籍 日本
生年月日 1971年5月26日(51歳)
血液型 B型(Rh-)
最終学歴 青山学院大学文学部英米文学科
所属事務所 エイジス
職歴 元フジテレビアナウンサー
活動期間 1994年 –
(アナウンサーとして)
ジャンル フリーアナウンサー
配偶者 石井一久

 この時、アメリカの女性ニュースキャスターの先駆け的存在であるコニー・チャンに憧れていたことや、帰国子女で英語が堪能なことが、その後の進路に大きく影響しました。

青山学院大学文学部英米文学科入学後、語学学校にも通い通訳のアルバイトもしていた。テレビ朝日系『CNNヘッドライン』や『ニュースステーション』にキャスター、リポーターとして出演。放送デビューを果たした

小学2年生の時、父親の転勤でアメリカに住むことになり、ABCもわからないうちから、いきなり現地の学校に放り込まれて」といった感じで学校生活が始まり、中学2年生までアメリカで過ごしまました。

 帰国子女であるため漢字の読み書きが苦手で、高校生での帰国時に公文で小学4年生レベルからスタートして、年下の子たちと一緒に学んだが、プロ野球ニュースで一球を「ひとたま」と読んだりしたこともありました。

フジテレビ同期は?若い頃・昔は?プロフィール

卒業後の1994年、フジテレビ入社しました。同期に武田祐子、富永美樹、佐野瑞樹がいます。早朝のめざましテレビ、昼の笑っていいとも!、深夜のプロ野球ニュースを担当しました

大学時代は日本テレビのイベントコンパニオンのアルバイト経験がある。東京ドームで行われた「アメリカ横断ウルトラクイズ」第15回大会(1991年)の第1次予選では、リリーフカーを運転している姿が映っています。

夫がヤクルト在籍時の2001年、神宮球場で観戦中、ファウルボールが腰に直撃してしまったことがある。ちなみに、このシーンは同年の『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』でも放送された。笑っていいとも!では、青汁飲み、音痴な歌、海亀のモノマネなどで人気を博した

木佐彩子アナウンサーの実家?父親の職業!母親は?実家!

実家は?

東京都出身です。鳥取県米子市生まれとなります。

父親の職業商社マン

職業は商社勤務のサラリーマンという情報がありました。

 父親は一般人ということもあって名前や年齢を特定できるような情報は確認できていません。

ただ、誤嚥(ごえん)性肺炎での入院やリハビリなど体調面は優れていないらしく、木佐彩子さんのインスタグラムに登場した際も衰えを感じさせる表現がありました。

母親は?

引用元インスタ
引用元インスタ

 母との関係について我が家は最近流行りの友人親子ではなく最期まで親と子の関係だったとのことです。

 あまり親に褒められて育った記憶もないのに その割には自己肯定感もどちらかというと高めで母も呆れてました性格ですかね あはは」「そんな母との思い出ややり取りを忘れたくなくて短い闘病期間でしたが日記を書いてました 読み返すと既に忘れている事もあったり、はやっ 字が荒れている日もあったり…引用元:報知新聞

タイムマシーンに乗せてくれる私の宝物になりそうです」と闘病時期に日記を書いたノートの写真も掲載。

「口数も少なくどちらからと言うとクールな父もまさか自分より先に母が旅立つとは思っていなかったので元気がないのですが 私が仕事のない日は我が家にお散歩がてら来てペロモコを撫で撫でしてお気に入りのお芋を食べると笑顔になります」

まとめ

フジテレビの看板アナウンサーだった若い頃ですが、今は楽天の石井一久のGM兼監督の

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次