木村方子(まさこ)は木村拓哉(キムタク)の母のプロフィールWIKI!現在!スピリチュアル・富山・画像・講演2022

  • URLをコピーしました!

木村 拓哉(きむら たくや/1972年〈昭和47年〉11月13日[5] – )は、日本の歌手・俳優。男性アイドルグループSMAPの元メンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。キムタクの愛称で知られる

アネックス

今回の記事では木村拓哉(キムタク)の母親は木村方子(まさこ)さんについてお伝えします。WIKI!スピリチュアル・富山・画像・講演・年齢とはいったいなんなのでしょうか。

  • 生年月日:1972年11月13日
  • 出身地:東京都(千葉市育ち)
  • 身長:176cm
  • 血液型:О型
  • 1987年SMAPとしてデビュー
  • フジテレビ月9ドラマの最多出演記録を持つ
目次

木村拓哉の母は木村方子(まさこ)さん?画像や富山!WIKIプロフィール

木村方子(まさこ)は木村拓哉(キムタク)の母親の画像

木村拓哉の母は木村方子(まさこ)さんのスピリチュアル?画像は

木村方子(まさこ)は木村拓哉(キムタク)の母親のプロフィールWIKI

木村拓哉さんの母親の名前は木村方子(きむらまさこ)さんです

  • レストラン経営での評判
  • 講演会を始め、書籍も出版
  • 睡眠剤・安定剤を手放せない16年間
  • 宗教説と現在の活動

その木村拓哉さんのお母様は、そのお店をされているときから、食育や子育て、をテーマとされた、講演活動、も同時にされていたのだそうです。

[ad2]

木村方子(まさこ)のレストラン経営での評判

1997年〜2009年と10年以上もの間『ラ・ボニータ』と『リストランテ いな田』を木村秀夫さんと経営してきました。レストランでは医食同源の考えをもとに食材を選び抜き、料理もおもてなしも人気のお店だったようで、このような口コミもありました

木村方子さんの接客に満たされている様子や、閉店を残念に思われている様子がうかがえます。2009年にレストランは閉店していますが、木村方子さんはレストラン経営をする傍ら2007年頃から講演活動もされていました。

[ad2]

木村方子(まさこ)が睡眠剤・安定剤を手放せない16年間

木村拓哉の母は木村方子(まさこ)さんのスピリチュアル?画像は

レストラン経営や講演会など、順調そうに見える木村方子さんですが実は自身の中で16年間も苦悩を抱えていたそうです。2009年10月6日に掲載された朝日新聞でも、次の様に応えていました。

《普通の生活も安定剤がないとできなくなる。夜は睡眠薬を飲まなければ眠れなくなる、というのが16年間続いたんです。でも、家族はそれを知らないと思います。私が言わないから。言えないで、自分でなんとかしようと……》

引用元:木村拓哉「母の日」お祝いも、実母・方子さんは「安定剤と睡眠薬」16年間の“冷戦”

睡眠薬や安定剤が手放せなくなった良妻賢母やーめた。息子たちは息子たち

52歳でトンネルを抜けるまで、16年かかった。木村拓哉さんや弟である木村俊作さんを、立派に育てないといけないという思いから、理想の枠を作りすぎていた様です。

他人に苦労を見せない、その姿にファンの方も惹かれていったのでしょう。年齢は2009年時点で59歳なので、2022年では72歳ですね。

木村方子の富山の別荘

木村まさ子さんは富山県の土地がお気に入りで、自身がオーナーとなり農業をやっているのだとか。

また、富山県の『越中を自慢する会』の会員にもなっていて別荘を持っているという噂もあるそうです。

木村拓哉の母の木村方子(まさこ)の現在はスピリチュアル講演活動2022

木村拓哉の母は木村方子(まさこ)さんのスピリチュアル?画像は

木村方子(まさこ)の現在は

食へのこだわりがある木村方子さんは、2007年頃から講演活動も行っていたそうです

コンセプトは”食といのちの大切さ食で、『育みはぐくまれ』という書籍も出版しています。この本には木村拓哉さんの高校での出来事や生い立ち、育てることについて語ったエッセイが書かれています。

書籍の読者の評判もよく、講演会もたびたび開かれたそうです。食と命の大切さや、木村拓哉さんの生い立ちなどを楽しみに講演会に足を運ぶファンが多かった様ですね

木村方子(まさこ)の現在のスピリチュアル宗教説と活動2022

2011年には、「宇宙神」を奉っているといわれる団体「ふる里再生協会」という法人を設立し、自ら会長になりました。

木村拓哉さんのお母様は、そのお店を閉められたことを機に、そういった活動に本格的に乗り出されたそうです。
その木村拓哉さんのお母様が始められた活動が、何か宗教と関係があるのだそうです。


また、裏付けるかのように、その活動の時期に合わせられて、改名もされているそうです。

その木村拓哉さんのお母様は、2010年に、一般社団法人『ふるさと再生協会』を設立されたそう
です。


そして、その会長に就任されたのだそうです。

木村拓哉さんのお母様は、本格的に、その法人設立とともに、講演活動を始められたそうですが、それが、だんだんとスピリチュアルな話になってきたそうです。

  • 放射能には味噌が効く
  • 魂のレベルを上げる

『食育ではなくだんだん宗教家っぽくなっている』『スピリチュアルには興味ない』です。

まとめ

講演を聴きに行かれた方のお話によれば、そのお母さまの講演内容は、とくにオカルトや宗教的な内容、ではなかったのだそうで、そのようなことを期待されて行かれた方が、満足されるような内容、ではなかったのだそうです。

木村拓哉の母というブランドを利用しているわけではなく、何かあったのでしょうか。何かにすがる主になるのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次