カテゴリページをタイトルなコンテンツかするとSEO効果はどう?アクセス増加する?Cocoon

カテゴリページをタイトルなコンテンツかするとSEO効果はどう?アクセス増加する?Cocoon
  • URLをコピーしました!

SEO対策にとって、「カテゴリ分け」はとても重要です。

とはいえ、コンテンツの量が増えてくると、どんな目安でカテゴリ分けをしていけばいいか、判断に困る場合もあります。

本記事では、SEOに効果的なカテゴリ分けのポイントを具体例を挙げながらわかりやすく解説していきます。

ブログ向け無料WordPressテーマ「Cocoon」には、カテゴリページをコンテンツ化する機能があります。

テキストや画像を追加してカテゴリページの中身を作り込むことができるのです。

アネックス

ウィンドミルブログでもCocoonの機能を生かしてカテゴリページを作り込んだところ、一部がコンテンツとして認識されて検索上位に表示されるようになり、アクセスが増えたとの情報があります。

[ad2]

目次

CocoonのカテゴリページをタイトルなどコンテンツかするとSEO効果はどう?アクセス増加する?

アネックス

力の入れているカテゴリであれば、そのカテゴリページ自体が検索結果で上位に表示させて観覧してもらいたいですよね。その為にもカテゴリページ毎にタイトルを魅力的なものに変更しましょう!

Cocoonのカテゴリページは、単なる記事一覧のインデックスではありません。

強いカテゴリにアイキャッチ画像やテキストを追加して、さらに適切なタイトルを設定することできます。

アクセス上位のコンテンツになる可能性があります。

CocoonのカテゴリページをコンテンツかするとSEO効果はどう?アクセス増加する?

カテゴリタイトルはどこ

カテゴリタイトルはどこ

カテゴリタイトルは上で設定した「名前」と紛らわしいですが、完全に別物です。

こちらは、カテゴリー内の記事一覧ページ(カテゴリページ)を開いたときに表示される見出しです。

CocoonのカテゴリページをタイトルなどコンテンツかするとSEO効果はどう?アクセス増加する?

カテゴリーの編集ページの「カテゴリタイトル」の入力欄に任意のタイトルを設定したところ、タイトルのアーカイブページの title タグやOGPのタイトル、また、アーカイブページの見出しである、h1タグにちゃんと反映されるようです。

ジャンルにもよるかも知れませんが、h1タグがすごくシンプルであってもSEOタイトルさえしっかりしていれば普通に上位表示できております。

[ad2]

SEO効果は

SEO対策をおこなう上で、カテゴリーページを正しく設定することは重要です。

キーワードを含める

カテゴリーページを設定する際は、必ずキーワードを含めるようにしましょう。
なぜなら、カテゴリーページにキーワードを含めることで、ユーザビリティが向上しますし、Googleのクローラーも「なんのカテゴリーページなのか」が認識しやすくなります。

結果、間接的にSEO効果が上がるというロジックになります。
なので、必ずカテゴリーページにはキーワードを含めるようにしましょう。

1記事1カテゴリーに設定する

原則としてカテゴリーは、1記事1カテゴリーで設定しましょう。
理由としては、カテゴリーを複数設定しても、記事に表示されるカテゴリーは1つしかないからです。

また、カテゴリーページはグループという意味合いがありますので、1つの記事が色んなグループに所属していると、記事ジャンルが分散されてカテゴリーページ自体が弱くなるのです。

それを防ぐために、1記事1カテゴリーを原則してコンテンツを追加していきましょう。

それを防ぐために、1記事1カテゴリーを原則してコンテンツを追加していきましょう。

[ad2]

まとめ

カテゴリページには内部リンクもあつまっていますし、魅力的なコンテンツにしたいですよね。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次