週刊実話は実話とは言ってないと信憑性もひどい?wiki嘘ばっかりでも芸能が魅力でかなり売れる!魅力はなに?

週刊実話は実話とは言ってないってこと?嘘ばかりで芸能が実話じゃなのいになぜ売れる!ゲスすぎる表紙
  • URLをコピーしました!

週刊実話』(しゅうかんじつわ)は、日本ジャーナル出版から1958年9月に創刊された週刊の実話誌。発行部数23万部は『週刊ポスト』に次いで業界第5位です。

週刊誌の売り上げランキングでは5位。ところがこの週刊実話だけ「印刷照明付部数」ではないので、客観的に証明できる部数ではなく自社の発表によるものです。20万部と数字がザックリすぎる笑。

確かに記事や内容によっては、ある意味、実話は実話ではないという意味の実話だと思います。

週刊誌の売り上げランキングでは5位。ところがこの週刊実話だけ「印刷照明付部数」ではないので、客観的に証明できる部数ではなく自社の発表によるものです。20万部と数字がザックリすぎる笑。

引用元:https://www.j-magazine.or.jp/user/data/magdata/1/1/3

目次

週刊実話とは?wiki?信憑性

いわゆるグラビア・ヌードのある、男性向けゴシップ誌である。暴力団など裏社会の特集が多い事が特徴。『アサヒ芸能』、『週刊大衆』、『実話時代』などと共に「実話誌」のジャンルで括られる事もあるが、実話時代と比べるとやや内容が娯楽重視となっている。

増刊号として『増刊実話』『週刊実話ザ・タブー』がある。

将棋の棋王戦の棋譜が掲載されており、新聞に棋王戦が掲載されていない地域でも棋譜を読むことができる。

2015年9月よりWEBメディア『まいじつ』の運営を開始した。

2014年12月17日、読売巨人軍が日本ジャーナル出版に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で東京地裁は名誉毀損を認めて220万円の支払いを命じらえました。

 対象記事は、2011年12月8日号、2012年2月9日号、2012年4月26日号の記事で一部の選手が入団する際に、公表した契約内容より高額な金銭を支払っていたなどと報じました。

週刊実話は嘘なのになぜ売れる

文春とか新潮とかは かなり信用できると思います。

ポストとか現代とか朝日とかはまあまあですかね。 あとの週刊誌は信用出来ません。

三流週刊誌と言われている 週刊実話・週刊アサヒ芸能・週刊大衆は 芸能人に関する記事をよく掲載しますが、ほとんどが信用できません。

こうした週刊誌は読む人もけっこう半信半疑なので、そこまで世間に影響を与えません。 だから許される風潮になるんでしょうね

週刊実話は女性も読んでいる

媒体資料によると、女性読者も12%もいるそうです。

週刊実話は女性も読んでいる

週刊実話は日本ジャーナル出版が発行

日本ジャーナル出版さんという会社が発行しています。この出版社は「gossip」というセレブのゴシップ誌も発売。

創刊以来「週刊実話」の編集精神は変わりません。政治・経済、事件、社会問題、芸能、スポーツをストーリーを持って掘り下げ、また、レジャー、風◯情報から娯楽情報まで満載の総合週刊誌として、これからも邁進し続けていく所存です。

http://nihonjournal.jp/company/

http://nihonjournal.jp/gossips/g201811/

週刊実話の魅力は?

魅力はこんなところでしょうか。

男のロマン?

「“関係者”って誰やねん笑」と突っ込んでしまいたくなるような芸能人の私生活に迫った記事。本人しか知り得ない情報もあり、妄想も入っているのではと突っ込みたくなりますが、表現力が豊かなので読みごたえがあります。

反社会的勢力に興味がある人には神雑誌?

芸能人反社会的勢力の生態に興味がある人には神雑誌かもしれません。

野球の記事は?

「飯山満」さんというライターさんか寄稿している場合が多く、松井秀喜の監督記事などロマンを感じる記事も多いです。

まとめ

信じる信じないは貴方次第です。

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次