エンゲージメントとはどういう意味?言い換えや使いかた? SNSやTwitterSEOににも有利!【WEBマーケティング業界】

エンゲージメントとは
  • URLをコピーしました!

今やソーシャルメディア(SNSやインスタ)はユーザーとの接点としてかかせないものになっています。ユーザーが商品やサービスに共感を持つことが重要になってきているのです。

WEB業界マーケティングでは「エンゲージメント率」というものがあります。聞いたことはあるがエンゲージメントについて理解している人はすくないですよね。今回はエンゲージメントについて説明します。

目次

エンゲージメントとは?WEBマーケティン用語!業界

エンゲージメントとは?WEBマーケティン用語!業界

エンゲージメントとは、直訳すると「約束」「婚約」といった意味がある言葉ですが、マーケティング用語では「企業や製品等とユーザーとの結びつき」という意味合いで使われます。

平たく言うと「あなたの会社・製品に対するユーザーの愛着・共感」と理解すればよいでしょう。

またWEBマーケティングでのエンゲージメントは企業や商品、ブランドなどに対してユーザーが愛着を持ってい状態のことであり、企業や商品、ブランドなどに対してユーザーが愛着を持ってい状態のことです。

企業とユーザーの「つながりの強さ」を表すことばです。

「愛着」「共感」というのは少々抽象的な言葉ですよね。

ただエンゲージメントが高いほどユーザーはその製品やサービスを利用します。

WEBマーケティングの「エンゲージメント」は企業価値の向上

 同時に友人や家族、SNSなどで不特定多数の人にもお勧めしてくれるようになります。

質の向上のために建設的な意見を提供してくれることもあります。つまり、エンゲージメントが高いほど、企業は自分たちの価値を高めることができるのです。

広告などでオウンドメディアに新規ユーザーを集めるだけでは、長期的なつながりは期待できません。

ユーザーと積的に交流してファンにすることが大切です。ソーシャルメディアを行い、エンゲージメントを高めることで、ただの新規訪問者からファンになってもらうこと重要です。

 価格が安い、インセンティブが付いているといったことによる結びつきは、(それを入り口にエンゲージメントが醸成される可能性はあるものの)なくなってしまうと結びつきもなくなります。

それはエンゲージメントとは言いません。

その製品を“良い”と思っているから支持する」という思いこそがエンゲージメントなのです。

エンゲージメントの言い換えは?

エンゲージメントの言い換えは?

エンゲージメント(engagement)の言い換えは、「婚約」「誓約」「約束」「契約」などの意味を持つ英単語です。 使用シーンによって意味合いは異なりますが、「深いつながりをもった関係性」を示す言葉といえます。これをWEBマーケティング用語としても利用するんですね。

SEOでもエンゲージメントは重要!インタラクティブ要素AR

エンゲージメントSEO
エンゲージメントSEO

ユーザーエクスペリエンスの時代においてユーザーエクスペリエンスを向上させるSEO(検索エンジン最適化)のベストプラクティスにおいて非常に重要なものです。

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  • AR(拡張現実)を駆使する
  • インタラクティブ要素を追加
  • 動画コンテンツを追加する

ARは、中小企業にとっても身近な存在になりつつあります。例えば、眼鏡の通販サイトでは、AR機能を使って商品を試着できるシステムを構築し、ユーザーのエンゲージメントを高めています。

また、最上級の検索エクスペリエンスを実現するには、ユーザーの時間を占有(しながら価値も提供)できるインタラクティブなツールとアクティビティーが不可欠です。

また動画情報ですが映像情報は人間の脳にとって処理しやすく、ウェブページの滞在時間が2.6倍長くなる(英語)ことも明らかになっています。

動画を適切に配置すれば、滞在時間が伸び、ランキングが上昇します。

まとめ

知っていてもそれほどわからないエンゲージメントが理解できましたでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる