ブログの文章力がない人でもSEO鍛えるコツやツールで記事が書ける!初心者にも!

文章能力SEO
  • URLをコピーしました!

ブログで『文章力がない原因、文章力を磨く方法』を理解することを目的としてお伝えします。下記の6つのルールやツールを利用することでSEO能力も上がります。

誰でも簡単にユーザーをひきつける文章力を身につけることができます。自分には文章力がないから読みやすいブログを書けないと思っている人はいると思います。

本記事の内容を実践することで、読みやすい記事を書くことができるようになりますよ。

本記事でご紹介しているコツを実践することで、Tsuzuki Blogは読みやすいです!と言ってもらえることが増えました。

目次

ブログの文章力がない人でもSEO鍛えるコツやツールで記事が書ける

ログの文章力がない人でもSEO鍛えるコツやツールで記事が書ける
ログの文章力がない人でもSEO鍛えるコツやツールで記事が書ける

「文章力」とは何か?特徴は?

この記事における「文章力」とは、「文章を読んだ人が書いてある内容をスッキリと理解できること」と定義します。

特徴①:文が長すぎる

文章力がない人は、100文字、200文字を句読点だけでつなげようとします。

文章が長くなると、読み手は前半部分を忘れてしまう傾向があり、趣旨が伝わりにくくなります。それに、読み返す頻度が多くなり、読み手に使わせる時間が多くなります。

改善方法
1.50文字程度でいったん文を終わらせる
2.100文字程度の文章なら、2文に分けて書く

特徴②:主語と述語が一致していない

日本語は主語と述語があって成り立つもの。文章力がない人は、このことをしばしば忘れています。特に一文が長くなってしまった場合は要注意です。

改善方法
1.書いている最中も主語と述語を意識
2.書き終えたら3回は見返す

特徴③:詰め込み過ぎ

文章力がない人は、話題があっちこっちに行き、「結局、何が言いたいの?」となることがよくあります。

改善方法
1. 書く話題はひとつに絞る

2. 読み手の気持ちになって文章を作成する

特徴④:論理破たんを起こしている

文章力がない人は、論理破たんに気づきません。文章は論理を積み重ねるもの。「しかし」や「つまり」を多用する人が見受けられますが、後に続く内容が論理的ではありません。

改善方法
1. 接続詞の使い方を復習する

2.急がずゆっくり書く

特徴⑤:読み手を意識していない

文章力がない人は、読み手が誰か十分に理解していない傾向にあります。そのため、いつも同じ表現に終始し、ボキャブラリーも増えません。

極端な例ですが、読み手が上司と小学生では言葉遣いが自ずと違ってきます。TPOに合わせた表現が身に付くと「わかりやすさ」が飛躍的にアップします。

改善方法
1. 書く前に読み手を確認する

2.急がず読み手のレベルに合わせた言葉遣いを心がける(特に専門用語)

特徴⑥:読み手を意識していない

「詰め込み過ぎ」の文章は好ましくないと先ほどお伝えしましたが、だからといってあまりにも「言葉足らず」だと、読み手が内容を正しく理解できないことも。

改善方法

1.「読み手もわかるだろう」と勝手に判断し、説明を省かないよう注意する。

2.出来上がった文章を、言いたいことが正確に伝わるかを意識しながら読み返してみる。

特徴⑦:「こそあど言葉」を多用する

「これ」「それ」「あれ」「どれ」といったこそあど言葉は、言葉の重複を避けたいときに大変便利です。しかし使いすぎると、何を指しているのかがわかりにくくなってしまいます。
例えば
「先日の会議において勤務体系の見直しについて話し合った結果、果たしてそれが必要かどうか一度社員を対象にアンケートを実施することになりました。来月の会議ではそれについて話し合います。」
この文章のようにこそあど言葉が重ねてでてくると、何を指しているのかわかりにくくなります。

改善方法

1.「こそあど言葉」はできる限り明確な言葉に言いかえる。

SEOに有利な記事タイトルのルールや編集・校正力のツール

SEOに有利な記事タイトルのルールや編集・校正力のツール
SEOに有利な記事タイトルのルールや編集・校正力のツール

ライティングにおいて、最も重要なのはタイトルです。

80%の読者はタイトルだけを見て、その記事を読み進めるかどうかを決めます。WEB上で、あなたの記事が読まれる場合のパターンは、だいたい以下の3つに分かれます。「たまたま目にとまっているだけ」ということがご理解いただけるかと思います。

  • 検索エンジンで検索した時に記事のタイトルが目立っていた。
  • FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで、友人がその記事をシェアしており、その記事のタイトルに興味を惹かれた。
  • 情報収集のために、RSSやニュースアプリを使っていて、その中で、記事タイトルに興味を惹かれた。

ブログ記事やサイトコンテンツのタイトルは、たまたま目にとまった時に、思わず「読みたい」と興味を惹かれるようなものにする必要があります。そして、「読みたい」と思われる記事タイトルは下記のようなものです。

  1. 「得」であることが伝わる →これは最も安定して効果を見こめるものだ。『明日からスッキリとした寝覚めを手に入れるための快眠法』『集中力を養う方法』など、相手の立場にたってベネフィットを伝えよう。
  2. 「最新」であることが伝わる→ニュース性が高いタイトルも読者の興味を惹きやすい。例えば、『2012年に、大ブレイク確実のスタートアップビジネス』『4月1日にAppleが新商品をリリースします!』など。
  3. 「好奇心」を刺激する→当たり外れは前者の2つと比べて大きいが、好奇心を刺激するタイトルは時に大きな結果をもたらすことがある。例えが悪くて申し訳ないが、『風俗に行ったら人生が変わった』など。

書き出しの型

書き出しの文章は、記事の精読率を大きく左右する重要なパートなのです。なぜなら、記事タイトルで興味を惹かれた読者は、続いて、一段落分の文章までは必ず読みます。

続きが気になって読みたくなるような書き出しを用意できるかどうかで精読率が大きく変わるのはご理解頂けると考えられます。

①問題提起:

 読者が抱えている悩みや問題を明確にする。例えば、「お店に人が集まらなくて困っていますよね?」「どんなダイエットをやっても、失敗ばかりしていませんか?」など。そして、その理由は「間違った集客をやっているからですよ」「逆効果のダイエットをやっているからですよ」と伝える。ここで、読者が「そうそう、そうなんだよね?」という共感を得ることを意識しよう。

 
②結果の明示:

あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。例えば、「ランディングページのコンバージョン率を○○%改善できます。」「3ヶ月で○○kgほどシェイプアップできます。」など。忙しい時間を割いてまで、記事を読む理由を与えてあげるイメージ。


③結果の根拠

②で示した結果が出る根拠を伝える。例えば、「実際に私は、これから紹介するダイエット方法で1ヶ月で5kg減りました。」「このトレーニング方法を半年間続けたら、マラソンを3時間以内で走れるようになりました。」など。ここでは説得力を高めるために数字が入っていることが望ましい。

編集・校正力

作成した文章を、間違いやミスがないように整えるのが「編集・校正力」です。

シンプルな誤字脱字チェックだけでなく、ファクトチェック(使用する情報やデータに間違いがないか)や表示崩れがないかを様々なデバイスでチェックすることも「編集・校正」の工程でおこないます。

文章を適度に改行したり、画像を適度に挿入したりなど、どんなデバイスで読んでも読みやすい記事を作成することも、SEOに強い記事作成のためには重要です。

編集・校正力のツール(ブンケン)

文献引用元:ブンケンさいと
文献引用元:ブンケンさいと

校正ツールは、誤字脱字や言葉の誤用、重複表現などさまざまな項目をチェックし、正しくて読みやすい文章の作成をサポートしてくれます。
人の目だけでは気づきにくいミスを指摘してくれるので、文章の精度を効率的に高められるのです。

校正ツールは、インターネット上で使用する「クラウド型」と、PCにソフトをインストールする「インストール型」に大きく分けられます。
無料のものから有料のものまで、種類が豊富で、ツールごとに強みも異なります。

SEOの文章能力をあげるにはツールも利用をしたほうがよいです。おすすめは、文賢です。

まとめ:SEOにはストレスのないブログ文章を書く

SEOにはストレスのないブログ文章を書けばユーザーが記事を読む滞在時間も伸びて、グーグルからも高い評価を得られます。最後にもう一度内容をチェックしましょう。小説のような文章力は不要です。ユーザーにとってストレスのない文章を書くことを意識することが、ユーザー満足度につながります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる