ブログで検索意図の考え方?キーワードの理由?重要性とアフェリエイト商品と購買意欲の相性!ズレをなくそう!SEO

検索エンジンでキーワードの検索する理由の意図
  • URLをコピーしました!
検索エンジンでキーワードの検索する理由の意図
検索エンジンでキーワードの検索する理由の意図

キーワードの検索意図と商品の相性について解説します。

キーワードの検索意図を考えたとき購買意欲が高そうな単語はいくつかあります。単語が含まれているキーワードで記事を書いても全然成約しないことも多々あります。

同じような単語が含まれているのにどうして成約率が変わってくるのでしょうか?

[ad2]

目次

ブログのキーワードの検索する理由の意図

アフェリエイト商品の相性

選定方法は大部分が機械的に処理できる方法を紹介しています。

差が出るのは最後にキーワードを選ぶ段階のみです。

ここで失敗してしまうと記事を書いても成約しないことがあります。

最後の段階で考えるべきことは

「キーワードの検索意図」

「商品との相性」

例えば、同じ単語が含まれていても商品との相性が良かったり悪かったりします。

「産後 オールインワン おすすめ 市販」:△
「酵素 ドリンク 市販 どこ」:○

「前者は△」で「後者は○」の理由って分かりますか?

両方のキーワードで「市販」という単語が使われており商品を求めている人だということがわかります。

この判断ポイントとして商品との相性を考える必要があります。

産後向けのオールインワンはドラックストアやコスメ店でも市販されているものはありそうですよね?

あくまで

「産後 オールインワン おすすめ 市販」

「市販で買いたい人」

が検索しているわけです。つまり市販されている商品を教えてほしいわけです。

そういう情報を求めている人に「無理に○○という商品がいいよ」と紹介しても売れにくいです。

セールス力があれば別でしょうが。だから△という評価を付けました

それに対して「酵素 ドリンク 市販 どこ」のキーワードの場合これも同じように市販されている酵素ドリンクを求めています。

[ad2]

アフェリエイトや商品との相性

アフェリエイトや商品との相性

酵素ドリンクはスーパーやドラックストアなどで市販されていません。

「通販で買わなければ手に入らない」

という強力な理由があるため

「市販されていないから通販でこの商品買うといいよ」

と勧めることで売ることできます。

だから○という評価を付けました。

単純にキーワードだけで見るとどちらも「市販」で購買欲求が高そうな感じがします。

でも、検索意図と商品の関連性を考えるとそれぞれで購買意欲は違います。

「○○というキーワードが含まれていれば購買欲求が高い」

「○○というキーワードが含まれていれば購買欲求が高い」

と思考停止で判断するのは危険ですね。

検索意図がずれていてもダメだし商品との相性が悪くてもダメです。

このあたりができていないと大量に記事を書いているのに全然稼げないなんてことになります。

[ad2]

まとめ

最初のうちは難しく感じるかもしれませんがきちんと訓練すればだんだん当てられるようになります。

記事を書けば高い確率で報酬が発生させられるようになれば少ない労力でブログで稼げます。

効率よく稼げるようになるためにもぜひ日々意識しながらキーワード選定を行ってください

再検索(LSI)キーワードとは?ツールは?競合分析やリライトにつかえるなどメリット【SEO対策】

キーワード選定の方法!初心者に難しい!やり方のコツやツールを紹介【ブログやアフェリエイト】

【ブログ初心者】カニバリゼーション(カニバリ)とは?懸念は重複ページ?見つけ方!特定や解決方法や見つけ方!回避!

ゲームができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次